暗所問題解決?照明を導入してみた

夕方や夜でもノイズを抑えて撮影できるように撮影用の照明を導入してみました。

これまでの撮影機材はこちら

パナソニック ミラーレス一眼カメラ ルミックス G7 ボディ 1600万画素 ブラック DMC-G7-K

パナソニック 単焦点 広角パンケーキレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 14mm/F2.5 ASPH. H-H014

照明を導入した理由

これまで動画を撮影するのに夕方以降の室内だと部屋のシーリングライトだけでは暗くなってしまい困っていました。

ISO感度(カメラのセンサーの感度)を上げれば明るく撮影することはできるますが、その分ノイズが目立ってきてしまいます。

そこでカメラをAPS-Cなど大きなサイズのセンサーのカメラに変える、もしくはF値の低いレンズに変えるかなど検討してみました。

その結果、このようなことが分かってきました。

  • 室内は屋外に比べて光量が少ない
  • シーリングライトなどの室内照明より太陽光の方がだいぶ明るい
  • センサーサイズが大きいカメラでも照明を使っている方が多い

今までカメラのセンサーがマイクロフォーサーズと小さかったり、パナソニックのカメラが暗所に弱いと思っていましたが、夕方以降の室内は思っていたよりもずっと暗いようです。

なので、照明無しでISO感度を上げずに撮影したいならF値1台の明るいレンズや、フルサイズなどの大きいセンサーのカメラを使うなどしないと難しいようですね。

購入した照明はこちら

YONGNUO YN600 Air 単色 LEDビデオライト 薄型 定常光ライト 5500K LED192球 照明・撮影ライト 電池・ACアダプター別売り

色温度を調整できないタイプの方が光量が強いので、色温度の調整ができないものを購入しました。

Yongnuo YN600 YN600Air AC電源アダプター 8V 5A PSE認証済(日本規格) 充電器 撮影 照明 LED ライト ビデオ カメラ

NEEWER プロ ライトスタンド 6.23ft(190cm) アルミ製 【並行輸入品】

こちらのライトスタンドはネジを緩めるとポロっとワッシャーが外れてしまいます。ライトを固定するには特に問題ありませんがあまりお勧めではありません。

撮影状況はこちら

照明を被写体に直接当ててしまうと光が強すぎて影が濃くなってしまうので、壁にバウンスさせて撮影しました。

照明の光量は最大です。

照明有り無しで写真を比較

撮影した日の様子

  • 10月上旬午後3時
  • 天気は雨で室内は暗め
  • シーリングライトは使っていません
  • F値2.5、シャッタースピードは1/50に固定

まずは照明の有り無しを比べてみました。

照明有り ISO400
照明無し ISO400

差は歴然ですね。照明有りの方が良い感じです。
壁にバウンスさせているので光も柔らかいです。

照明を使わずにISO感度を上げてみた

次に照明を使わずにISO感度を上げていき、どのくらいで照明と同じ明るさになるかテストしてみました。

照明無し ISO800
照明無し ISO1600

感覚的に照明有りISO400と照明無しISO1600が同じくらいの明るさでした。

つまり、照明を使うことで二段分の光量を稼げたことになります。

照明有り無しを拡大して比較してみた

次に照明有りと照明無しを拡大して比較してみました。
400%に拡大しました。

照明有り ISO400
照明無し ISO1600

ISO1600であればそこまでノイズが目立たないようです。

照明有りの方がコントラストの差があって立体的に。
照明無しでISO感度を上げた方はコントラストの差が少なくノッペリと平面的に見えます。

カメラと光量の関係について

動画撮影の光量は、

  • センサーサイズ
  • レンズのF値
  • シャッタースピード
  • フレームレート
  • ISO感度

が関係しています。

難しいですがいろいろ調べいる内にようやくこの辺の関係が分かってきました。

これに、

  • 室内
  • 屋外
  • 天候
  • 昼夜

など、明るさの環境が変わっていくので、対応するのは大変ですね。

YONGNUO YN600 Airの感想

今回購入したYONGNUO YN600 Airは価格帯的にもお手頃で、ちゃんと明るく撮影できました。

本体サイズも軽く、薄いので収納しやすいです。

ファンレスなので動画撮影にも向いています。

総合的に問題無くまあまあ満足。☆4つと言った感じです。

まとめ

と言う訳で、照明を導入したことで、画質と明るさを少し向上させることができました。

今まで「Lumix G7は暗所に弱い」「パナソニックのセンサーはノイズが出やすい」とブログに書いていましたが、そもそも夕方以降の室内は光量が少なく、カメラにとっては厳しい環境だったみたいですね^^;。

もしこの環境で照明無しで明るく撮影したいなら、フルサイズセンサーのカメラやもっとF値の低いレンズで撮るのが妥当なようです。

いや~カメラって奥が深い^^;。