演奏してみた動画投稿の工程とコツ 2.採譜 3.清書

演奏してみた動画の工程、今回は採譜と清書です。

  1. 選曲
  2. 採譜 ←今ここ
  3. 清書 ←と、ここ
  4. 練習
  5. 撮影
  6. 編集
  7. 投稿

採譜

まずは曲を聴きながら演奏するパートの譜面を作ります。

手書きで採譜した様子

DAWソフト(Studio One)はテンポを遅く再生できるので、その機能を使って耳コピします。

書き直すことが多いのでカリグラフィーペンではなく鉛筆を使っています。

清書

次に手書きで採譜したパート譜を清書(浄書)します。

バンドスコアを使うときもパート譜を作るようにしています。見やすくなって練習しやすいので。

MuseScoreで清書している様子

清書にはフリーソフトのMuseScoreを使っています。

MuseScoreはワープロのように簡単にきれいな譜面が作れるので重宝しています。

無料で使える楽譜作成ソフト | MuseScore

完成したらモノクロレーザープリンターを使ってい印刷します。

キヤノン A4モノクロレーザープリンター Satera LBP6040 8468B004

その後、印刷した楽譜を見ながら曲を聴きながらチェックしていき修正を加えていきます。

清書すると間違いに気づきやすいので必ず清書するようにしています。

何度も修正するのでやはりカリグラフィーペンは使っていません。

まとめ

と言う訳で、今回は採譜と清書をご紹介しました。

この辺は特に問題ないですね。

次回は練習について書きます。