作詞の勉強のために「よくわかる作詞の教科書」を購入してみた

sakusi no kyoukasyo 02

自分の軸となる作詞本探しの2冊目です。

作詞の勉強のために1冊目に購入した本はこちら。


ゼロからの作詞入門~プロ直伝の考え方とテクニック~

この本では作詞についてよく理解できなかったので、こちらの本を購入してみました。

よくわかる作詞の教科書 (ゼロからすぐに身につく本)

こちらの方がスパッと書かれている印象があるのでわかりやすいと良いのですが、、、。

それでは読んでいきます。

読んでみて

一通り読み終えました。

この本の著者土田起士さんはプロの作詞家で、自分が仕事を受けて作詞をしているノウハウが惜しげもなく披露されています。

プロ仕様の作詞方法を知ることができますし、内容もとてもスッキリとしていて大変読みやすかったです。

ただ!!!

ただですよ、「じゃあ、この本を読んで作詞ができるようになったか?」と言えば答えはNOです。

なぜかというと、実践課題が一つも出てこないからです。

作詞ができるようになるためには、実際に詩を書いてみるのが一番のはずなのですが、上に挙げた2冊とも課題曲や実践課題は一つもありませんでした。

まとめ

と言うわけで、作詞の基礎となる本探しはまだ続きます。

今度は課題付きで良さそうな本を見つけたので、届き次第読んでレビューしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加