ボカロ曲動画の作成はAviUtlで問題無さそう

vocalo-douga-aviutl
▲AviUtlを使った編集の様子(クリックで拡大)

「ボカロ曲は作ったけど、動画はどうやって作ればよいの?」

ボカロ曲を作る方はどなたもこのような疑問を持つのではないでしょうか??

ニコニコ動画やYouTubeに音源をアップするなら「Sound Only」と言うわけにはいきませんから、どうしても何かしらの動画が必要になってきます。

有名な方になると「絵師(イラストを描く人)「動画師(絵師さんが書いたイラストを加工して動画に仕上げる人)」と言った方に依頼したり、「動画を担当させて欲しい!」なんて申し出ももらえたりするかもしれません。

ですが、初めのうちは頼めるような人もいないので、自分で何とかしなければいけません。

沢山ある動画編集ソフト

動画編集ソフトには、

  • Final Cut Pro Adobeの有料ソフト
  • NiVE(NicoVisualEffects)フリーの動画加工ソフト
  • Windowsムービーメーカー Windowsに最初から入っているフリーソフト
  • AviUtl フリーながら高機能な動画編集ソフト

など、沢山のものがあります。

動画の世界も音楽と同じように奥が深いようで、どのソフトにするか選ぶだけでも大変だし、迷ってしまいます。

そこそこ格好いい動画は作りたいし、かといって高機能すぎると扱いきれません。

YouTuberさんが編集の様子を解説した動画

ふと「Youtuberさんはどんなソフトを使って編集しているのだろう?」と気になり、YouTubeで探してみるとこちらの動画を見つけました。

こちらの方はフリーのAviUtlを使って動画を編集されています。
人気のYouTuberは高い編集ソフトを使っていると思い込んでいたので意外でした。

  1. 撮影の様子
  2. 編集
  3. 完成した動画

と、最初から最後まで解説されていて、編集の流れがイメージしやすくて、とても参考になる動画です。

AviUtlでどんな編集ができるか、どんな特殊加工ができるかもとっても理解しやすいです。
やっばり動画はわかりやすいですね~。

上の動画を参考に作ったオリジナル曲の動画はこちら

今回、動画を作るにあたって、

  • 歌詞を入れたい
  • 歌詞をパッと出すのではなく、ゆっくり表示させたい
  • シーンでイラストを切り替えたい

このようなことがしたいと考えていました。

「このくらい動画は作りたいな~」と考えていた思い通りの動画を、AviUtlを使って作ることができました。

まとめ

私はこれまでAviUtlを使っていて、できればそのままAviUtlを使いたかったので、AviUtlでも十分な編集ができることがわかり良かったです。

もし「高い編集ソフトを買った方が良いのかな~?」とお悩みの方は、AviUtlを試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加