TANNOY Reveal 402開封レビューと感想 開封編

お店に試聴しに行ってようやく購入したTANNOY Reveal 402が届きましたので、早速開封レビューをしていきます。

開封レビュー

tannoy-reveal-402-review01

一台×2つの状態で発送されてきました。
ペアで購入してもセットと言うわけではないんですね。

tannoy-reveal-402-review02

外箱はこんな感じ。

tannoy-reveal-402-review03

輸送用の段ボールを取り外すと中から箱が出てきました。

tannoy-reveal-402-review04

箱の裏はこんな感じ。
タンノイと言えば高級オーディオでクラシックやジャズのイメージがありますが、ロック色を強調したいのでしょうかね。

tannoy-reveal-402-review05

段ボールから出すと梱包はこんな状態でした。

そして、梱包を取り除くと、、、、

tannoy-reveal-402-review06

お~~~。
やっぱりきれいなデザインですよね~~~~。

tannoy-reveal-402-review13

裏はこんな感じ。
ミニピンジャックでiPhoneなどのポータブルプレイヤーも再生できます。

tannoy-reveal-402-review08

こちらは底面。
厚さ3mmほどのスポンジが貼ってあって傷がつかないようになっています。

tannoy-reveal-402-review09

本体以外の付属品はこちら。

  • 取扱説明書
  • 保証書
  • 電源ケーブル
  • 3.5mm ステレオミニプラグ

これらが各2つずつ入っていました。

3.5mm ステレオミニプラグの長さは2~3mくらいありそうです。
とりあえず使わないので開封しませんでした。

オーディオインターフェイスとスピーカーを接続するケーブルが入っていないので、自分で別途購入する必要があります。

オーディオインターフェイスによってプラグのタイプが異なるので仕方がありませんね。

接続するケーブルが必要

tannoy-reveal-402-review10

オーディオインターフェイスとの接続は以前にサウンドハウスで購入してあったこちらのケーブルを使用しました。

 HOSA ( ホサ ) / CSS202
HOSA ( ホサ ) / CSS202

設置した様子

tannoy-reveal-402-review12

スピーカースタンドはおいおい考えるとして、とりあえず設置してみました。

pm-04-set02
▲こちらはFOSTEX PM0.4を設置した様子

大きさはFOSTEX PM0.4cと比べてみてもほとんど変わらず、机に置いてもそれほど圧迫感のないサイズです。

商品名 本体サイズ
TANNOY Reveal 402 240H x 147W x 212D mm
FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c 220H x 130W x 169D mm

取扱説明書によると

取扱説明書によると、このスピーカーは0.75mから3mのニアフィールド用に作られたスピーカーとのことです。

あと、縦置き用に作られているので横置きはしないようにと注意書きがありました。

まとめ

長くなったので音を聴いてみた感想などは別の記事に書きます。

あと、ちょっとしたトラブルもあったのでその辺りも書いていきたいと思います。

続きの記事はこちらです。

TANNOY Reveal 402開封レビューと感想 感想編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加