シンセサイザーの簡単な動画を作ってみた

シンセサイザーを勉強する際に動画だとよくわかりやすく、それと周波数分布を見ると音の変化が分かりやすいと思ったので、簡単な動画を作ってみました。

後から気が付きましたが、Aviutlで編集しているので、字幕を付ければよかったですね^^;。

使っているシンセはStudio One純正の「Mai Tai」。
スペクトラムアナライザーはこちらもStudio One純正のエフェクター「Spectrum Meter」を使用しています。

オシレーター 基本の波形

まずは、オシレーター(発信機)の基本の波形です。

サイン派、ノコギリ波、三角波、矩形(くけい)波の順です。
矩形波はPWM(Pulse Width Modulation、パルス幅変調)で音を変化させています。

フィルター

次にフィルターをかけてみました。

オシレーターの波形はノコギリ波。

最初がローパスフィルターで後がハイパスフィルターです。

まとめ

こんな感じで周波数分布を見ながらだと、音の変化を視覚的に見ることができて分かりやすいのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加