DTM用モニターヘッドフォンに Superlux HD681B を購入しました! 選定編

superlux-hd681b03

モニターヘッドフォンに「Superlux  HD681B」(スーパーラックス)を購入しました。

このヘッドフォンを選んだ理由や使用感の感想とこれまで使用していたヘッドフォンとの比較をしてみます。

先に結論を書いておくと買って大正解でした!!!

まずは「Superlux  HD681B」を購入するまでの選定編から書いてみます。

モニターヘッドフォンを購入しようと思った理由

superlux-hd681b01

これまでのDTM作業にはこちらのヘッドフォンを使用していました。

オーディオテクニカ ダイナミックヘッドホン ATH-PRO30

オーディオテクニカ ATH-PRO30 公式ページはこちら

購入理由1 密閉型は長時間つけていると耳が痛くなる

これまで使用していたヘッドフォンは音としてはそんなに不満はなかったのですが、密閉型のためか締め付けがきつくて、長時間DTM作業をしていると耳が痛くなってきます。(耳というか耳の回り)

もちろんオーディオ視聴用のヘッドフォンがDTM作業に向かないのは当然ですが、、、^^;。

DTM作業以外にもニコニコ動画やYouTubeなどで曲を聴いたり、教則本を読みながらDTMをしたりするので、ヘッドフォンを装着している時間がどうしても長くなります。

教則本を読むときはヘッドフォンをまめに外したりもしてましたが地味に面倒です。

と、いうわけで困っていました。

購入理由2 モニターヘッドフォンはDTM必須ツールと言われているので

DTMでは、

  • DAW
  • オーディオインターフェイス
  • モニタースピーカー
  • MIDIキーボード

などの機材が必須と言われていますが、モニターヘッドフォンもその一つ。

音楽視聴用のヘッドフォンは各機種によって個性がありジャンルによって選んだりします。
一方、モニターヘッドフォンはあくまで各音域を均一にモニターするために作られています。

なので、曲を作る側としてはフラットな状態でチェックするために、モニターヘッドフォンもしくはモニタースピーカーが必須になってきます。

、、、と、言われていますよね^^;。

なので、前々から購入したいな~とは思っていました。

モニターヘッドフォン選び

定番のモニターヘッドフォンとは??

そこで良さそうなモニターヘッドフォンを探すために「DTM モニターヘッドフォン」などで検索して調べてみると、

国内ではこちら、

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
参考価格:¥19,440
価格:¥15,980

が、定番。

どことなく初音ミクが付けている髪留めに似ている気がします。
(初音ミクのデザインにはDTMの要素が散りばめられているので)

海外では、

AKG プロフェッショナルスタジオモニター・セミオープンヘッドフォン K240MK2 【国内正規品】
価格:¥14,290

こちらのAKG(アーカーゲー)が定番ということがわかりました。

1万5千円くらいの価格帯ですね。

見慣れないメーカーがランキングの3位に

次に、アマゾンのモニターヘッドフォンランキングを見てみると、見慣れないメーカーが3位にランクインしています。

アマゾンのモニターヘッドホン 売れ筋ランキングはこちら

それが今回購入したこちらのモニターフッドフォンです。

Superlux セミ・オープン型プロフェッショナルモニターヘッドフォン HD681B
価格:¥ 2,880

アマゾンで購入者のレビューを読んでみると、「あれとソックリ」と言われたりして高評価でした^^;。

「この価格ならお買い得」と言うわけで、これに決定。

タイプ選び

このヘッドフォンには、

  • HD681
  • HD681B
  • HD681F

の3タイプがあり、どれを選ぶか迷います。
価格や形状は一緒。

アマゾンに周波数特性の画像があったのでチェックしてみると、HD681Bが3つの真ん中にいました。

それと、アマゾン売れ筋ランキングでHD681Bが一番人気だったのでこの機種に決定して、ポチっと購入しました。

長くなってしまったので、使用感などは後編に続きます。

後半のレビュー記事はこちら。

DTM用モニターヘッドフォン Superlux  HD681B レビューと比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加