Studio Oneでのサステインペダルの使い方

Studio Oneでサステインペダルを使ってみて、つまづいた点がありましたのでシェアさせていただきます。

録音をスタートしてからペダルを踏まないとサステインがかからない

サステインペダルを接続し録音しない状態で鳴らしてみるとサステインがかかっていたので、試しに録音してみました。

そして、録音した音を聞いてみると何度やってもサステインがかかっていません。

「何か設定が必要なのかな?」と思いましたが、サステインが効かなかった原因は、「録音をスタートして予備カウントの時点でサステインペダルを踏んでいた」からでした。

録音がスタートしてから改めてサステインペダルを踏まないと、録音した音にサステインがかかりません。

なので、録音をスタートしたい小節より前の小節から録音を開始する必要がありそうです。

録音してオートメーションのパラメーターに記録されたサステイン情報を編集する方法

ペダルを踏んだ情報はmidiのオートメーションのパラメーター「sustain」に記録され、録音した後に編集することができます。

また、サステインペダルが無くても、このパラメーターを使用することでサステインさせることができます。

Studio Oneでオートメーション「Sustain」の表示方法は、

dp10 03

サステイン情報を修正したいイベントをクリックして、ピアノロールエディタを表示します。

dp10 04

小さくてわかりづらいのですが、「ベロシティ」のとなりにある「・・・(追加/削除)」をクリックします。

dp10 05

するとオートメーションのパラメーターの追加と削除のメニューが開きます。

そこで「MIDI Conrtollers」をクリック。次に「Sustain」をクリック。

「追加」をクリックして、閉じるとサステインを編集できるようになります。

オートメーションのカーブを0にするとサステイン無し、1にするとサステインがかかった状態になります。

また、0~1の範囲でサステインのかかり具合を調整することもできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加