Studio Oneでとりあえず簡単に音圧を上げる方法

W1 Limiter

DTM開始5か月目にしてようやくオリジナル曲の作成に取り掛かりました。

ギターを購入したので比較音源を作るため仮でミックスダウンしてみると、音が明らかに小さくなってしまいます。

ピーク値を超えないようにギリギリにミックスしたり、EQやエフェクターの値を調整したりしても全く音量が上がりません。

DAWはStudio One 3を使用していて「もしかするとStudio One特有の問題?」と思いましたが、納得の行く音質・音圧でミックスするのは簡単ではなく、しっかりとした基礎が必要なようです^^;。

今はとりあえず簡単な方法で音圧を上げたかったので調べてみると「W1 Limiter」と言うフリーのマキシマイザーを使用すると簡単に音圧を上げられるということなので試してみました。

マキシマイザー「W1 Limiter」使用比較

W1 Limiter未使用音源
W1 Limiterを使用した音源

Threshold(スレッショルド)の値は-5.3db

W1 Limiterを使用した方が迫力のあるサウンドになっています。

W1 Limiterの使い方

「W1 Limiter」の使い方はとても簡単です。

こちらのサイト、yohng.com · W1 LimiterよりW1 Limiterをダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍して、Studio Oneのプラグインフォルダに追加。

その後、Studio Oneを起動すればエフェクトとして使用することができます。

後は、Threshold(スレッショルド)と言う値をマイナス方向に大きくするだけで音圧を上げることができます。

他の値は特に設定する必要はないようです。

ただし、使いすぎると音がつぶれてしまうので注意が必要です。

まとめ

ミックスについてはオリジナル曲作成を通してしっかり学ぼうと思っていましたが、とりあえず簡単に音圧を上げたかったのでこの方法を試してみました。

本来はリミッターはできるだけ使わずEQの調整で音圧を稼いだ方が良いようです。

「とりあえず簡単に音圧をアップさせたい!」と言う方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか?^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加