Studio Oneで使用している音源のCPU利用率を調べる方法

オーディオインターフェイスのブロックサイズを変更してレイテンシーが軽減されたと思ったら、今度はノイズが出るようになってしまいました。

「いったいどの音源が重たいの??」と気になりCPU利用率を調べてみました。

Studio Oneで音源のCPU使用率を調べる方法をご紹介します。

CPU利用率を調べる方法

  1. トランスポートバーの左にある青く光っているメーター辺りをクリック
  2. すると、パフォーマンスモニターが開くので、そのメニューの「デバイスを表示」にチェックを入れる

これで各音源のCPU利用率のメニューがわかるようになります。

私の場合、Kontaktのオーケストラ音源が重いらしく、わりと頻繁にメーターを振り切ってノイズが出ていたようです。

まとめ

ノイズが出る時はサンプルサイズを変更すると改善することがあるようです。

ノイズを気にしながらDTMをやるのもストレスなので、使う音源によってはサンプルサイズを調整すると良さそうです。