「クリエイター直伝! DAW作曲&トラック制作ビギナーズ・バイブル」 レビュー

sr-daw-sakkyoku-01

アレンジの勉強のためにこちらの本を購入してみました。

この本はサウンドアンドレコーディングの作曲に関する記事で人気の高かった記事を集めた本です。

sr-daw-sakkyoku-02

この本にはCD-ROMが付属しています。

開いてみたところ、章によってWAVファイルのみだったりMIDIデータがあったりします。

パッと見た感じ、なかなかのボリュームがあり、実践し甲斐がありそうです^^;。

では、実践していきます。

実践してみた感想

この本は、

  • メロディー「ボカロで作る!メロディ錬金術」
  • コード進行「コード進行のネタ帳」
  • ドラム「ジャンル別ビート・メイキングの方法」
  • ベース「シンセ・ベース年代記」
  • ストリングス「ここぞってときのストリングス打ち込み」

と言ったように各パートが完全に独立しています

個々の記事は各ジャンルの歴史から振り返っていて、その時代の代表的なパターンについて解説されているので、非常に濃くて深い内容です。

その反面「このドラムパターンの時、どういうベースパターンや音色で、どんなシンセを使って、どのように曲を展開させていくか」というような全体のアレンジを勉強したい場合には、やや不向きかと思いました。

まとめ

いろいろなジャンルを一通り作れるようになった中~上級者がワンランク上のトラック作りをするためにはとても参考になる本ではないかと思います。

クリエイター直伝! DAW作曲&トラック制作ビギナーズ・バイブル (CD-ROM付き) (リットーミュージック・ムック)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加