Studio One 3 Professional付属音源のPresence XTがしょぼいのでソフト音源を探すことにした

presence xt

先日、ようやくStudio One 3 Professionalにアップグレードしました。

しかし、残念ながら付属音源の音がアップグレード前と変わらずしょぼくて使い物になりません。

なので、ソフト音源を探さなくてはいけなくなりました。

Presence XTはアップグレードしてもしょぼかった

Studio OneにはPresence XTと言う音源が付いています。

私はこれまでAPEと言うStudio Oneの中位版を使ってきましたが、このPresence XTの音がペラペラではっきり言って使い物になりません。

PrimeやAritistからProfessionalにアップグレードすると、この音源のデータ量が1.5Gから15Gに増量されるのでかなり期待して音源をダウンロードしました。

そして、使ってみると、、、、

使えない音源のまま、ただ種類が増えただけでした orz(ガックリ)

調べてみると、DAWに付属している音源はStudio Oneに限らずどれもあまり使えないようです。

なので、DAWとは別途にソフト音源を購入するのが一般的のようです。

仕方がありませんね^^;。

おそらくこれにするだろう音源はこちら

気を取り直して、購入する音源を探していきます。

とりあえず、全体的に最低限使える音源を入手する必要があります。

と言うのは、最高の音源を一つ一つ購入するとなると、とんでもなくお金がかかってしまうからです。

そういった条件で探してみると、ピッタリの音源が見つかりました。


Native Instruments インストゥルメント/エフェクト・コレクション KOMPLETE 10
定価 ¥64,800(年に数回セールあり 約¥41,800)

KOMPLETEがどういうソフトについてかは、公式サイトをご覧ください。

デモもたくさんあります。

私はデモを聴いて音の良さにホレ込んでしまいました^^。

Komplete : バンドル : Komplete 10 : 含まれる製品の公式デモはこちら

2016年7月31日までセール中!!

ちなみに、KOMPLETEにはさらに増量版の「KOMPLETE 10 ULTIMATE」があります。

Native Instruments インストゥルメント/エフェクト・コレクション KOMPLETE 10 ULTIMATE

定価 ¥129,800(年に数回セールあり 約¥84,800

「どうせ買うなら良い方が欲しい、、、」と、変な欲が出てきてしまいますが、

  • 後からでもアップグレードもできる
  • データ総量が440Gもあって、ドライブを増設しないと今のSSDには入りきらない
  • 使いこなせないかもしれない
  • 別の音源が欲しくなるかもしれない

と言った理由で今回は大人しくKOMPLETEだけを検討することにします。

まとめ

次回は「KOMPLETEは本当に使えるのか?」を検証したいので、ピアノやドラムなどで人気の音源と比較してみたいと思います。

定番音源と比較してみた記事はこちら
KOMPLETE 10は使えるか?定番音源と比較してみた

追記 2016/12/06

Presence XTを半年ほど使ってみました。
しばらく使ってみると、結構良い音の音源もたくさんあります。

アコースティックピアノの音はやっぱり軽くて使えませんが、その他の音色は使いやすいです。

Presence XTでドラムは追加されません。フリー版から使えるPresenceに入っているキットは軽い音で使えません。
ただ、Impactと言うドラムサンプラーの音にはとても迫力があります。

まとめるとStudio OneのArtist(初音ミク付属のAPEを含む)以上ならアコースティックピアノ以外は結構いい音なので十分音楽制作を楽しめます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加