「Panasonic Lumix G7」一年間使用レビュー 気になった2つの弱点


(↑Lumix G7で撮影した画像)

購入から約1年が経過したデジタル一眼ミラーレスカメラ「Panasonic Lumix G7」。

演奏してみた動画や音楽機材のレビューを撮影してみた感想を書いてみます。

一眼カメラ動画初心者のレビューになりますので、その辺はご了承ください^^;。

このLumix G7は良い条件で撮影すればきれいな画質で動画撮影でき、その良い条件で撮影した動画の画質にはとても満足しています。

ただ、使っていて気になる弱点が2つありました。

その2つの弱点をご紹介します。

Lumix G7の2つの弱点
  1. 暗所に弱い
  2. 手振れ補正が無い

1.暗所に弱い

Lumix G7を使っていて感じた一つ目の弱点は暗所に弱いことです。

Lumix G7に限らずカメラはどんなカメラでも基本的に暗所に弱い物なんですね。
日中の屋外ならどんなカメラでもきれいに撮影できると思いますが、夕方くらいからの室内だと照明無しの撮影が厳しくなってきます。

Panasonicのカメラを使っている他の方の意見を聞いても、どうやらPanasonicのカメラは暗所に弱いようです。

明るく撮影しようとISO感度を上げていくと、すぐにジリジリと言ったノイズが動画に乗ってきてしまいます。

上の演奏してみた動画も何度か失敗しているうちに陽が傾いてきて部屋の照明(いわゆる普通のシーリングライト)をつけて撮りました。それでも暗いですね。

陽が落ちてしまうノイズが多くなってしまうため、翌日以降のまたの機会に取り直すことになり、そうなると「できれば今日中に撮影してしまいたい!」と思って焦るんですよね~。

上の動画で「ちょっと走っているのはそういう焦りが出ているから」と、ここで言い訳しておきたい(笑)。

2.手振れ補正が無い

2つめの弱点は手振れ補正が利かないことです。
Lumix G7の本体には手振れ補正機能が付いていません。

購入当初は三脚固定でしか撮影しないと思ってました。

でも、これまで動画を撮影してきて機材をじっくり撮影したい時や三脚を設置し直すのが面倒なときなど、手持ちで撮影したい状況がありました。

上の動画で手持ちで撮影したカットが出てきて、かなり手振れしています(再生するとそこから始まります)。
この動画は評価が低いのですが、それは手振れしているからだと思いたい(笑)。

カメラを購入する前は「カメラをしっかり持てば手振れなんてしないから、手振れ補正機能なんていらない」と思ってました。

ところが、撮影してみてビックリ。カメラをしっかり持って自分では動かずに撮影しているつもりでも、後で確認してみるとビックリするくらい手振れしています。

せっかくきれいな動画が撮れるので外に持ち出して撮影したいとも思うのですが、手持ちではブレブレの動画しか撮影できないので、とても外に持ち出す気にはなれません。

三脚を外に持ち出して撮影するとなるとさらに大掛かりになってしまいますし。

「DaVinci Resolve」で編集時に補正できるけど

今使っている編集ソフト「DaVinci Resolve」に手振れを補正する機能があることを知って試してみました。

ところが1分の動画を補正するのに5分くらいかかってしまうので、ちょこっと補正したい場合には良いですが実用的には厳しいですね。

カメラ本体に手振れ補正が搭載されたのは最近


YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~

こちらの本の中に「撮影はできるだけ三脚を使うこと」とありました。

ですが、この本が発売された2013/5/22で、カメラ本体に手振れ補正が内蔵され出したのはここ2年くらいですから状況が変わってきているようです。

まとめ

と言うわけで、これまでLumix G7を使ってきて「暗所に弱い」「手振れ補正が無い」、この2点が弱点だと感じました。

主に明るくて三脚を使った状況でないときれいな画質で動画を撮影することができません。
でも、大体どのカメラでもこの状況ならきれいに撮れるんですよね。

逆に言えば「いつでもどこでも撮りたいと思った時に撮影ができない。撮影できる状況が限定されてしまう」と言えます。

次回記事では「暗所に弱い」「手振れ補正が無い」この2つの弱点を改善する方法を考えてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加