MPC STUDIO BLACKを中古で売りに出すための製品登録解除とアンロックのリセット方法

せっかく購入したMPC STUDIO BLACKですが使用用途が合わなかったため売りに出すことにしました。

MPC STUDIO BLACKを売りに出すためにはいくつかの手順を踏む必要があります。

MPCは売りに出すことができる

MPC STUDIO BLACKはソフトウェアをダウンロードするのにサイトへ製品登録をする必要があります。
そのため中古で売りに出そうと思っても製品登録の解除ができないのではないか?と心配していました。

サポートにその件について問い合わせたところ「製品登録は解除できます。また、中古で売りに出すことも問題ありません」と回答をいただきました。

いや~ホッとしました。

手順

MPC TOUCHやMPC STUDIO BLACKを売りに出す際は製品登録の解除が必要になります。
製品登録の解除は個人ではできませんのでサポートセンターに依頼する必要があります。

手順はこちら。

  1. 製品登録の解除
  2. アンロックのリセット

AKAIのサポートセンターはこちら

サポート:AKAI Professional

電話で丁寧に対応していただけます。
また、購入前の質問もできます。

1.製品登録の解除

ソフトウェアをダウンロードする際に登録した製品情報を解除する必要があります。

サポートセンターにお願いして解除されるまでに2~3日かかります。

私の場合、2日ほどで解除完了のメールが着ました。

2.アンロックのリセット

MPCソフトウェアを使用する際にはMPC STUDIO BLACKのアンロック(ロックの解除)を行います。
このアンロックは一つの製品に付き最大4回まで可能です。

MPC STUDIO BLACKを売りに出す際はこのアンロックの回数もリセットする必要があります。

こちらもサポートセンターにお願いしてリセットします。
こちらはすぐに(5分くらい)で完了のメールが着ました。

ソフトのアンインストール

MPCソフトウェアのアンインストールは必須ではありません。

ただ、MPC本体が無ければMPCソフトウェアは使用できないのでMPCソフトウェアをパソコンにインストールしておく意味は無く、任意でアンインストールすることになります。

アンインストールの際は特に解除などの操作は必要なく「普通にアンインストールしてしまって問題ない」とサポートセンターから回答をしてもらいました。

まとめ

MPC STUDIO BLACKはサポートセンターにお願いして製品登録の解除をすれば問題なく中古で売りに出せることがわかりました。

売りに出せると分かっていれば購入を検討されている方も手を出しやすくなるのではないでしょうか。


Akai Professional 音楽制作システム 7GB音源付き MPC Studio Black

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加