モニタースピーカーを試聴してきました!そして点数を付けてみました!!

miyaji-siyou02
▲宮地楽器神田店のモニタースピーカー試聴コーナー

2台も購入に失敗して、いわゆる「沼」にはまってしまったモニタースピーカー選び。

「こうなったら自分の耳で確かめるしかない!」と思い試聴しに行ってきました。

試聴させていただいたお店は宮地楽器神田店様です。

写真掲載とブログの記事にすることをお願いしたら快諾していただきました。
ありがとうございます!

比較したスピーカーの紹介

今回比較させていただいたスピーカーはこちらです。

予算的に3万円前後のものをピックアップしました。

在庫などの関係で比較できたスピーカーを挙げます。

  • YAMAHA HS7
  • TANNOY Reveal 402 Pair
  • JBL LSR305
  • PRESONUS Eris E5

YAMAHA HS5を試聴したかったのですが展示がなかったため、一回り大きなHS7を試聴しました。

PRESONUS Eris E5は検討するつもりはありませんでしたが以前にEris E4.5を使用していたことを伝えてあったので用意していただいていました。

試聴環境

試聴した環境は残念ながら静かな別室と言うわけではなく店内でした。

店内のBGMなどが流れている状態での試聴なので理想的な環境ではありません。

試聴用の曲はダンス、ジャズ、Jポップなどたくさんのジャンルが用意されていて、セレクターで切り替えながらじっくり試聴させていただきました。

一番気にしていたホワイトノイズについて

まず初めに一番気にしていたホワイトノイズの有無をチェックしました。

無音状態でのツイーターからでるホワイトノイズを聴き比べました。

残念ながらすべてのスピーカーからホワイトノイズが出ていましたが、感覚的に数値化すると、

商品名 ホワイトノイズ
YAMAHA HS7 8
TANNOY Reveal 402 Pair 8
JBL LSR305 6
PRESONUS Eris E5 10

こんな感じで「若干JBL LSR305が静かかな?」と言う印象でした。

きっとこの音量だと自室の机の上では聞こえてしまうので机から離して設置するなどの対策が必要ですね。

試聴したモニタースピーカーの逆ランキング

購入するつもりで試聴しに行きましたので消去法で選んでいきました。

「これはないな~」と消去していった順にご紹介します。

YAMAHA HS7

一番先に脱落したのがこちら。


YAMAHA パワードスタジオモニター HS7(ペア)

試聴を初めて5分ほどで「これはないな~」とすぐに判断しました。

その理由は低音がスカスカだからです。

「スピーカー本体の奥行きが3cmしかないんじゃないの??」と思えるようなペラペラな音でした。

もしこのスピーカーでミックスや曲作りをしたら「あれ~?何をやっても全く低音を出すことができないんですけど!!orz」と頭を抱えることになるのは間違いない思いました。
だって元々スピーカーから低音が出ないのですからね。

オーディオの世界では定番のおすすめ機のことを「リファレンス」と言うようです。
もしHS5やHS7がリファレンスと呼ばれるなら「チョットマッテクダサイ」と言いたいですね^^;。

今回比較した中では一番大きなボディなのに一番低音が出ていませんでした。

と言うわけで、わんだー的評価は、、、、

もっとがんばりましょう

です。

PRESONUS Eris E5

次に選択から外したのがこちら。


PreSonus プリソーナス アクティブ・スピーカー Eris E5(1台)

こちらは元々購入候補ではなかったのですが一応他スピーカーと比較のために聴きました。

こちらはHS7と比べればしっかりと低音が出ていますがJBLやタンノイと比べると低音が少し軽く感じました。

その割にギターの音がシャラシャラと大きく聞こえてバランスが悪い感じがしました。

わんだー的評価は、、、

50点!!

JBL LSR305

残り2択となったわけですが、JBL LSR305とTANNOY Reveal 402は本当に悩みました。

どちらもクオリティは高いのですが、両者で特徴が異なるので甲乙をつけることができず1時間くらい悩んでしまいました。

最終的にTANNOY Reveal 402を購入したわけですが、その理由はひとまず置いておいて、先にJBL LSR305をレビューしてみます。


JBL LSR305 パワードモニタースピーカー ペア(2本)

店員さん曰く「30万円のスピーカーと比較したけど、そこまで遜色ない」とのことで試聴してみると本当に良い音。

特徴を挙げてみると、

  • 高音と低音がしっかり出ている
  • 本体が大きいので定位がわかりやすい
  • リバーブがかかったように聞こえるためライブ感がある

こんな印象を受けました。

TANNOY Reveal 402と比較した場合、おそらく10人中8人は「JBL LSR305の方が良い音」と言うと思います。

わんだー的評価は、、、

80点!!!

TANNOY Reveal 402

最後に残ったのがこちら。


TANNOY Reveal 402 (pair)

JBL LSR305とほぼ同等レベルで大変良い音だと思いました。

音の特徴としては、

  • しっかりとして丸みのある低音
  • JBLと比べてリバーブが少なく音が前に出て聴こえる
  • JBLと比べて高音が少なく地味に聴こえる

こんなところでしょうか。

リバーブ感がないせいか音が近くに聞こえすぎてタンノイらしさが少し失われている気はしました。

わんだー的評価は、、、

80点!!!

まとめ

JBL LSR305とTANNOY Reveal 402のどちらを購入するか悩みに悩みましたが、結局TANNOY Reveal 402を購入しました。

長くなってしまったのでタンノイを購入した理由やモニタースピーカーを選んでみて気付いた選び方のポイントなどは別の記事に書きたいと思います。

次の記事はこちら
JBL LSR305とTANNOY Reveal 402を比較してタンノイを選んだ理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加