教則本のピアノロールは見づらい!MIDIファイルから五線譜のパート譜を簡単に作る方法

midi-gakufu01

最近、私は教則本を買ってアレンジや打ち込みの勉強をしています。

最近のDTMの教則本には五線譜が無く、上の画像のようなピアノロールしか掲載されていないのが主流です。

付属データとしてMIDIファイルやWAVファイルをダウンロード形式で入手することもできますが、やっぱりピアノロールは見づらいですよね。

それに完成されたMIDIファイルを開いてしまうと、同じ作業を繰り返すようで、自分で打ち込む気も起きません。

そこで付属データのMIDIファイルから簡単に五線譜を作成する方法を考えましたので、ご紹介します。

DAWはStudio Oneで説明していますが他のDAWでも同じようなことができると思います。

MIDIファイルから五線譜を簡単に作る方法

midi-gakufu02

付属データのMIDIファイルを開きます。

五線譜にしたいトラックを簡単に整理します。
クオンタイズをかけたり、キースイッチなどの音符を削除して整理しておきます。

整理が済んだら、イベントを選択しておきます。

midi-gakufu03

メニューの「イベント」をクリックします。

midi-gakufu04

「パートをMIDIファイルにエクスポート」クリックします。
ファイル名を付けて保存します。

midi-gakufu05

続いてMUSE SCOREを起ち上げます。
MUSE SCOREは高機能でフリーの楽譜作成ソフトです。

「ファイル」→「開く」をクリック。

先ほど保存したMIDIファイルを開きます。

midi-gakufu06

するとこのような感じで楽譜が開きます。

midi-gakufu07

画面下の設定項目を使って見やすくします。

今回は「譜表の分割」と「スタッカートの表示」のチェックを外しました。

そうしたら「適用」をクリック。

midi-gakufu08

するとこんな感じで見やすい楽譜が出来上がります。

曲やパートによっては、

  • 一段の小節数を変える
  • 終止線などを加える
  • 調性を変更する
  • 音部記号を変更する

などの設定をすれば、より見やすい楽譜を作ることもできます。

midi-gakufu09

後は、プリンターで印刷すれば、五線譜のパート譜の出来上がりです!!

補足

この方法ではドラムの楽譜を上手く作れないのが難点です。

仕方がないので、ドラムのパートを、

  • バスドラムとスネア
  • シンバル
  • タム

と3回に分けて楽譜を作りました。

これから上手い方法を探していきます^^;。

追記

Dominoと言うMIDIシーケンスソフトとMuse Scoreを使ってドラムのパート譜を作ることに成功しました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

教則本のMIDIファイルからドラム譜を作る方法 その2 実践編

まとめ

ピアノロールは見づらいので、できれば五線譜も掲載してほしいのですが、なぜ掲載しないのでしょうかね?

かと言って、無いものねだりをしていても仕方がないし、五線譜が掲載されている教則本ばかりを選ぶわけにもいかないので、この方法を考えました。

普段から、「教則本のピアノロールは見づらい!!」と思っている方はぜひ参考になっさってください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加