DTMに適しているといわれるトラックボールマウス「LOGICOOL M570t」を購入してみた

これまでパソコンを購入した時に付属していた3ボタンしかないマウスを使用してきましたが左クリックが壊れてしまったので新しいマウスを導入することにしました。

DTMでよく見かけるマウスと言えばケンジントンのトラックボールですが値段や使い勝手の良さなどを考慮してLOGICOOL M570tを購入しました。

早速使用感をレビューしていきます。

開封

logicool m570t01

いつも通りアマゾンで購入。

logicool m570t02

外装はこんな感じ。

logicool m570t03

本体はこんな感じです。
左の小さいレシーバーを挿すだけで使うことができました。

logicool m570t04

その他の中身は、

  • 保証書
  • 保証の条件
  • 説明書

の紙切れが3枚のみ。

説明書の内容は、電池の紙を抜いて、電源をオンにして、レシーバーを指して、ユーティリティソフトをダウンロードする、の4点のみ。

logicool m570t05

とりあえず、マウスに手を乗せてみると「あ!」と軽く衝撃が走ります。

普通のマウスは親指と薬指で持ち人差し指と中指がボタンに軽く触れているだけで、その他の部分はマウスに触れていません。

ところがこのM570tは手のひら全体がマウスに完全に触れています。

特別に楽と言うわけではありませんが。

クリック感と操作感

これまで使っていたマウスとの比較になります。

クリック感は浅めでクリック音も小さく快適です。

トラックボールの滑りもとても滑らか。

ポインターの速度を好みの速度に変更すれば、普通のマウスとほとんど変わらない感覚で操作できています。

ワイヤレスが意外と良い

これまでワイヤレスは反応が悪そうな上にコードがあることをそれほど邪魔に思っていなかったのでなんとなくワイヤレスを避けてきました。

ところがM570tは全く問題なく操作できている上に、コードが一本でもなくなることがこんなにスッキリするとは思いませんでした。

こうなるとPCキーボードもワイヤレス化したくなってきました。

ボタンの割り当て

logicool m570t06

M570tは専用のソフトを使ってキーの割り当てやスクロールスピードなどを細かく設定することができます。

M570tのユーティリティソフト「SetPoint」のダウンロード先はこちら

この記事5ボタンマウスのサイドキーにCtrl割り振らない奴は人生の8割くらい損してるを参考に拡張キーにCtrlとAltを割り当ててみました。

ブラウザにFirefoxを使用しているのでタブの切り替え(Ctrl+1、Ctrl+Tabなど)がとても楽になりました。

マウスをキーボードの真下に設置することも可能

logicool m570t07

私はこれまでノートパソコンのキーボードのすぐ下にあるトラックパッドを使っていたので、デスクトップのキーボードとマウスの移動が遠く感じて仕方がありませんでした。

M570tはワイヤレスなのでキーボードの真下にマウスを設置することも可能です。

試しに設置してみましたがノートパソコンのように快適に操作することができました。

文章を書く時とかはこの配置が使いやすいかもしれません。

DAWでの使い心地

早速DAWで使用してみました。

う~ん、驚くほど楽になるわけではありませんし、これまでのマウスと近い感覚で操作できます。
逆に言えばそれくらい違和感なくトラックボールに移行できました。

普通のマウスはマウスポインターを手首と指で動かしていたのに対して、トラックボールは完全に親指だけで操作できます。

なので「トラックボールに慣れてしまったら普通のマウスに戻れない」と言うのもわかる気がします。

また、DAWは画面を横に広く使うので、ポインターを移動するのにどうしても手首の動きが必要になり負担がかかります。

その点トラックボールだと親指だけの動きなので手首を使わずに済むところがDTMでトラックボールを使う人が多い理由なのかもしれません。

まとめ

まだまだ触ったばかりなのでもっと慣れは必要ですがまあまあ楽になった感じです。

今のマウスが気に入っている方はわざわざ買い替えるほどではないかもしれません。


LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加