KOMPLETE 10の音色・音質レビュー。Studio One付属音源「Presence」との比較音源あり

komplete10 05

Studio Oneの付属音源があまりにもしょぼかったので総合音源の「Komplete 10」を購入しました。

約8時間30分かかったインストールも無事に終わり、ようやく音を鳴らすことができました。

そこで気になってくるのは、

  • Studio Oneの付属音源は本当にしょぼいのか?
  • Kontaktはただの寄せ集めではなく使える音源なのか?
  • Kompleteの専門音源は最高の音色なのか?

非常に気になるところです。

そこで、これらの音源を比較してみたいと思います。

Studio One付属音源とKompleteの音質比較

シンセ系はまだ使い方が良く分かっていないので生楽器系だけの比較になります。

比較する音源は、

  • Studio Oneの付属音源「Presence」
  • Komplete 10のマルチ音源「KONTAKT」
  • Komplete 10の専門ソフト音源

これらの音源で同じフレーズを鳴らしていき比較してみたいと思います。

補足

ベロシティはピアノは均一にしてあります。ベースとドラムは録音時のまま。
クオンタイズは「ピアノ+ベース+ドラム」のピアノ以外は全てかけてあります。
クリップしないようにボリュームは調整しました。
エフェクトなどは一切かけていません。

ピアノ

Presence

Kontakt

Komplete 10 THE GRANDEUR

ベース

Presence

Kontakt

Komplete 10 SCARBEE MM-BASS

ドラム

Presence

Kontakt

Komplete 10 STUDIO DRUMMER

ピアノ+ベース+ドラム

Presence

Kontakt

Komplete 10 THE GRANDEUR SCARBEE MM-BASS STUDIO DRUMMER

総合評価

Presence

聴いてすぐわかりますが、いかにもGM音源と言った感じで、ペラペラで全く使えない音です。

ドラムではオープンハイハットの後にクローズハイハットを叩いてもミュートが表現されません。

点数は、

30点

とさせていただきます。

Kontakt

マルチ音源は楽器の数が多いのでほとんど期待していませんでしたが、なかなか健闘してくれました。

使える音と使えるか微妙な音とありそうですが、全般的に良い音。

想像以上に健闘してくれたので、

65点

とさせていただきます。

Komplete 専門音源

デモを聴いた時点では期待していなかったピアノの音色ですが、「THE GRANDEUR」は音色が柔らかくて弾いていて気持ちが良いです。
ただ、他のピアノの音色「THE MAVERICK」「THE GENTLEMAN」などはイマイチでした。

ドラムは文句なくバッチリ。

ベースも最初は「あれ?」と思いましたが、こうして比較してみるとバッチリ。
ハンマリングも自動で再現してくれます。

エフェクターの起動の遅さやシンセの使い勝手、ホーンセクションの薄さなどなど気になるところはたくさんありますが、それはこれからゆっくり試していくとして、

現状での評価は大満足の、

85点!!

とさせていただきます。

Native Instruments KOMPLETE 10 【スペシャルキャンペーンプライス】
価格:41800円(税込、送料無料)

ポイントが6倍だったので楽天で購入しました。

Native Instrumentsの公式ページデモ音源はこちら
Komplete : バンドル : Komplete 10 : 含まれる製品 | 製品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加