LOGICOOL ワイヤレスキーボード K270を購入。デスクのワイヤレス化に成功!

k270 10

以前にマウスをワイヤレス化させたら机の上がとてもすっきりしたので、キーボードもワイヤレスにしてみました。

購入したのは「LOGICOOL ワイヤレスキーボード K270」です。

Amazonで人気一位のキーボードなので簡単にレビューしたいと思います。

開封の様子

k270 01

Amazonで購入しました。

レビューが1,800件以上、星の平均が4.4ととても人気の商品です。

k270 02

箱はこんな感じ。

k270 03

箱を開けた様子。
箱のへりにレシーバーが刺さっているのに直ぐに気が付きませんでした。

k270 04

付属品はレシーバーの他に説明書、保証書、保証の説明の3つのみ。

unifyingの使い方

Logicoolには「unifying」と言う規格があって、対応したマウスやキーボードを一つのレシーバーでパソコンに接続することができます。

私は「LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t」を使っているので一つのレシーバーでマウスとキーボードを接続できるはずです。


LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

ところがキーボードのスイッチをONにしても電池を入れ替えてみても、パソコンを再起動してもキーボードがつながりません。

仕方がないので「レシーバーを2つさして使うか」と諦めてもう一つのレシーバーをさしてみると、このようなウィンドウが起動してきました。

k270 05 k270 06

と言うわけで、

まずは2つのレシーバーをさせば良かったのです!!!

k270 07

使わない方のレシーバーはマウスの中に収納できるので、そちらに入れておきました。

ワイヤレス化 Befor After

Befor

k270 08

機材が増えるにつれ絡まりやすくなった配線が、、、

After

k270 09

このようにだいぶスッキリとしました!

これで机を拭いたり、机を広く使いたい時キーボードをどけるのがとても簡単になりました!

感想

これまで使っていたキーボードより若干厚く打ちにくいのが気になりますが、その内慣れると思います。

後は特に気になるところは無くいい感じです!

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加