「J-POP スーパーアレンジテクニック ~プロが教えるヒット曲の仕組み~ 」実践日誌 8曲目

jpop-08-01
▲オルガントラックに使用したKompleteのVintage Organs


J-POP スーパーアレンジテクニック ~プロが教えるヒット曲の仕組み~

こちらの本の8曲目「オーガニック系サウンド」の再現が完了しました。

アレンジ

8曲目のアレンジはハナレグミの「家族の風景」のようなアレンジでした。

編成

  • ベース
  • ドラム
  • オルガン
  • アコースティックギター
  • エレキギター
  • チェレスタ

と、これまでの曲の中でもトラック数が最も少く、とてもシンプルな編成でした。

テンポは65BPMでこの本の中で唯一のバラードテンポです。

オルガン音源は鍵盤をスプリットできる

今回はオルガンにKompleteのVintage Organsを使ってみました。

この音源はMIDIキーボードを分割して左手と右手で同じ音域を演奏することができます。

ところが、49鍵のMIDIキーボードだと上手く音域をカバーすることができません。

やっぱり49鍵は少なすぎますね。

ドラムはブラシを使ったバーラード奏法

曲のテンポが65BPMなのでドラムはブラシを使ってプレイされていました。

ブラシを使ったバラードは普通のミドル~アップテンポの曲とはまた違ってこれはこれで難しいですね^^;。

まとめ

打ち込みにもだいぶ慣れてきてバラードのテンポならサクサクと打ち込めると思いましたが、バラードもなかなか難しかったです。

もっと打ち込みの練習をしないとな~。

と言うわけで、次の曲に進みます。ラスト2曲!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加