Studio One Impactの使い方⑧ サポートセンターからの回答

Studio One付属のドラムサンプラーImpactを使いやすくする企画8回目です。
これで最後になります。

先日、Impactのおかしな動作についてStudio One日本正規代理店エムアイセブンジャパンのサポートに質問してみました。

エムアイセブンジャパン Webサイト
http://www.mi7.co.jp/

数日後、回答をいただきまして疑問が解決したので紹介します。

送信した質問内容はこちら

Studio OneのドラムサンプラーImpactについての質問です。

トリガーの配置がdefaultではB0からD2まで半音階になっています。

「60s a GoGo」などデフォルトのトリガー配置のプリセットを読み込み、次に「TM Jazz Kit」などデフォルトとは異なったトリガー配置のプリセットを読み込みます。

そして、もう一度「60s a GoGo」などのデフォルトのトリガー配置のプリセットを読み込むと、「TM Jazz Kit」のようなデフォルトではないトリガー配置に変わってしまいます。

一旦、dfaultを読み込み再び「60s a GoGo」を読み込むとデフォルトのトリガー配置に戻すことはできます。

【知りたいこと】

・これはバグで仕方のないことなのでしょうか?
・できればプリセットを切り替えてもトリガー配置が切り替わらないようにしたいです。
・もし可能であれば、「TM Jazz Kit」などのデフォルトとは異なったトリガー配置のプリセットもB0からD2まで半音階のデフォルトのトリガー配置に変更する方法があれば知りたいです。

回答の要点

Impactのプリセットにはトリガー情報を持つものと持たないものがあり、トリガー情報を持たないプリセットは直前に使っていたプリセットのトリガー情報を引き継いでしまいます。

とのこと。

対応については、

プリセットを修正して保存することができます。

と、説明がありました。

まとめ

回答にあるように、プリセットのトリガー配置が変わってしまうのはバグではないことがわかりました。

やはり、デフォルトのトリガー配置と異なるプリセットを修正して保存しておくのが一番良い解決方法のようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加