Panasonic Lumix G7 開封レビュー

演奏してみた動画の画質向上のために購入したPanasonic Lumix G7が到着しましたので早速開封してみました。

本体の開封と一緒に購入した周辺グッズもご紹介しています。

開封

こちらは付属品です。

こちらが本体。小さいですね。

手のひらにスッポリ収まるぐらいの小ささ。

マウスと比べても同じぐらいの横幅。

100円ショップで購入したブロワーでホコリを飛ばして、
液晶保護フィルムを付けて、

レンズにプロテクターを付けて、

カメラにレンズを取り付けた状態がこちら。
プロテクターを付けたままでキャップを付けることができました。

パンケーキレンズなのでかなりコンパクト。

同時購入した周辺グッズ

予備バッテリー

予備バッテリーには純正品よりお安く評価の高いシグマのバッテリーを一つ購入。
予備バッテリーがあれば充電している間にも撮影を続けられます。

三脚

安定した動画を撮影するには三脚が必須なので購入しました。
この三脚が入った荷物を受け取ったときに「あ~、三脚は別での発送か~」と思ったくらいの軽さでした。(570g

専用ポーチが付いているのはうれしいです。

中身を見てみると思ったよりグレーなのでビックリ。
Amazonでチェックしてみると「黒、白、ガンメタリック」の3色があることに気が付きました。
3色あるのを知らずに黒を購入したつもりでガンメタリックを購入していました。
購入される際はご注意を(笑)。
きれいな色なので結果オーライです^^。

脚を広げてカメラを取り付けた状態です。この状態でカメラまでの高さが1mくらいです。
高さは自由に調節可能。

そこから真ん中のエレベーターと言われる部分を伸ばすとさらに27cm伸びて、カメラまで約1m30cmになります。

ここで気が付いたことがあります!

この一番高くした状態にすると重心が高くなってこの三脚では倒れやすいです。
ちょっとでも誰かが足を引っかけただけで倒れてしまうと思います。
もしかすると強い風でも倒れてしまうかもしれません。

デジタル一眼は重たいのでこの高さから倒れるとカメラはきっと壊れてしまいます。

なので、屋外や人が多い場所で使用する場合は必ず誰かが付いていた方が良さそうです。

コンデジ向きの三脚のようですね。

作例

早速G7で写真を撮ってみました。
オートモード、縦横比16:9で撮影した画像を横幅640ピクセルにリサイズしました。
他は無加工です。

購入したレンズの最短撮影距離が18cm。広角レンズでも十分寄ることができました。

作例は寄った画像ばかりですが、14mm(35mm換算28mm)の広角レンズなので画角の狭さを気にせず撮ることができました。

ボケ感もあっていい感じ!

購入品まとめ


Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G7 ボディ 1600万画素 ブラック DMC-G7-K


Panasonic マイクロフォーサーズ用 14mm F2.5 単焦点 広角パンケーキレンズ G ASPH. H-H014


HAKUBA デジタルカメラ液晶保護フィルム MarkII Panasonic LUMIX GX7 MarkII/G7専用 DGF2-PAGX7M2


Kenko レンズフィルター MC プロテクター 46mm レンズ保護用 146217


SIGMA Li-ionバッテリー BP-51 930394


【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GM 4段 小型 3WAY雲台 アルミ製 ガンメタリック DIGI-204GM

↑この三脚は軽すぎだし、各部の固定が甘く、不安定なのでお勧めしません。

まとめ

と言うわけで、G7での動画撮影の準備が完了しました。

早速撮影してみたいところですが、せっかくなので音声にもこだわりたいので、外部マイクも購入してみました。

次回は外部マイク選びです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加