「コード編曲法 ~藤巻メソッド~」実践日誌9 レゲエ 今度はTrilianをポチり!

「コード編曲法 ~藤巻メソッド~ 」実践日誌9回目。
今回は第8章のレゲエを実践しました。

参考曲について

この章の参考曲の編成はとてもシンプルでした。

  • スチールパン
  • ピアノ
  • オルガン
  • ギター
  • ベース
  • ドラム

この章の参考曲はこれまでの曲と比べてスコア的にはとてもシンプルでした。

その分、たっぷりとリバーブやディレイがかけられていてとてもダビーでした。

レゲエは雰囲気が大事だと思うので、レゲエのアレンジをするならCDをたくさん聴きこんで雰囲気を吸収しないとダメだな~と感じました。

Trilianをポチる


コード編曲法 ~藤巻メソッド~

現在、この本をお手本に打ち込みの練習をしています。
参考音源と自分の音源を聴き比べて自分の音に迫力が無いことがわかりました。

どうしたら音が良くなるのかと考え、まずはリズムセクション(キーボード、ベース、ドラム)の音質を上げると良いのではないかと思いました。

まずはドラム音源のBFD3を導入。

そして今回はベース音源のTrilianを購入しました。

【日本正規品】 Spectrasonics Trilian USB版 ベース音源 プラグインソフト

本当はセールを待ちたかったんですけど我慢できず・・・w。
音源に慣れるのにも時間がかかるので、早いうちに乗り換えてガンガン使っていった方が良いな~と思ってセールを待たずにポチりました。

届き次第インストールして、またKompleteのScarbee Mm-Bassと比較してみたいと思います。

お楽しみに~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加