FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c(B) 開封レビューと感想 ノイズが出るのは初期不良か?

購入を見送っていたモニタースピーカーをようやく手に入れました。

購入したのは「FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c(B) 」です。

一度、プレソーナスのモニタースピーカーを購入し、ホワイトノイズが大きすぎて返品するという失敗をしてしまっているので、このスピーカーもホワイトノイズが出てしまうのではないかと非常に不安です。

早速開封していきます。

開封レビュー

pm04-01

アマゾンで購入しましたが、珍しくアマゾンの箱に入っていませんでした。
よく見ると段ボールに「この外装箱は輸送用です」と書いてあります。

pm04-02

外装箱を開けてみると、マトリョーシカのように同じような段ボールが入っていました。
この辺の細かい気づかいはポイントが高いですね。

pm04-03

箱を開け、スピーカーを取り出してみた様子。
しっかりと梱包されていて問題ありません。

pm04-04

取り出してみて思わず「小さい!!」と声を出してしまいました。
想像よりも二回り小さく感じました。
非常にコンパクトなスピーカーです。

pm04-05

後ろはこのような様子です。

  • 電源スイッチ
  • マスターボリューム
  • 省エネモードのオンオフスイッチ

しかありません。

pm04-06

底面を見てみると保護用のクッションが貼られています。
細かい気配りが行き届いています。

pm04-07

説明書は各部の名称を示してあるだけのようなシンプルな内容でした。

pm04-08

付属ケーブルは左から、

  • 電源ケーブル
  • スピーカーケーブル
  • フォン-RCA端子ケーブル
  • RCA端子-RCA端子ケーブル

の4つが付属していました。

私の環境では、別途に付属品を購入することなく設置することができました。

音質レビュー

問題のホワイトノイズは?

さて、ここからは音質のレビューです。

私が一番気になるのはなんといっても無音時のホワイトノイズです。

電源を入れてチェックしてみると、

「サーーーーーーーーーーーーーーー」

あ~~~、やっぱりホワイトノイズが聞こえますorz。

残念ながら、こういったアクティブのモニタースピーカーにはホワイトノイズはつきもののようですね。

ただ、我慢できないほどのホワイトノイズではないので、返品した「PreSonus  Eris E4.5」よりはホワイトノイズが小さいような気がします。

もうこれは慣れていくしかないですねorz。

音質は?

設置して音質を確かめてみましたが、非常にクリアで、高域も低域もしっかりとしています。

変な癖もなく、とても素晴らしい音だと思いました。

これでホワイトノイズさえなければ、、、、、。

オートスタンバイモードを試してみました

この「FOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c(B) 」には、無音状態が15分以上になると省エネモードになる「オートスタンバイモード」が搭載されています。

pm04-10
▲通常時は青く点灯

pm04-09
▲スタンバイ時は赤く点灯

スタンバイモードからの復帰のスピードは?

スタンバイモードの状態から音を再生して復帰のスピードをチェックしてみました。

復帰のスピードはとても速く、ほとんどタイムラグを感じません。
ストレスなく使えます。

スタンバイモード時のホワイトノイズは?

スタンバイモード時のホワイトノイズをチェックしてみると完全に無音でした。

そして、起動させると「サー―――――」っと、ホワイトノイズが流れ出します。

なんと初期不良か!!!!

設置してしばらくすると、スピーカーから変なノイズが出ていることがわかりました。

どうしても気になったので、FOSTEXのサポートセンターに問い合わせてみました。

症状について説明すると、「こちらに送っていただければ、点検させていただきます」と言うことで、点検・修理してもらうことにしました。

もしこれが初期不良ならマイナスなところですが、とても親切に対応していただきました。

先ほど発送したので、修理後の返送を待ち、また、レビューしたいと思います。

追記

新品と交換と言う形で商品が戻ってきましたが、ノイズは改善されていませんでした。

他にも気になる点がいくつかあったのでこのスピーカーは手放して、新しいモニタースピーカーを探すことにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加