指ドラムでジャズドラム!入門書を2冊購入してみた

こんにちは、わんだーです。
今回は指ドラムを練習するための教本を2冊購入してみました。

購入したのはいわゆる普通のドラムの教本ではなくジャズドラムの教本。
今後作っていく曲にジャズの要素を取り入れたかったのでジャズドラムの教本を購入しました。

まだ全て目を通したわけではありませんがご紹介します。

リズム&ドラム・マガジン はじめてのジャズ・ドラム [増補改訂版]

まずはこちらの本から。
こちらの本には2枚のCDが付いていて、1枚目は模範演奏、2枚目はマイナスワン(ドラムのパートが抜けていてカラオケ)になっています。

「枯れ葉」や「A列車で行こう」などジャズの有名なスタンダードが取り上げられているので入りやすいです。

ただ、掲載されている楽譜には基本的なパターンが書いてあるだけで、細かいフィルインなどは書いてありません。模範演奏ではスネアが細かく演奏されているなど自由にプレイしています。なので、初心者としては入りにくいかも。

とはいえ、基本パターンだけでも十分練習になりそうです。


リズム&ドラム・マガジン はじめてのジャズ・ドラム [増補改訂版] マイナス・ワンCDでジャズ・セッションを体感! (CD2枚付)

イージー・ジャズ・コンセプション/リズム・セクション ドラムス (CD付)

続いて2冊目。
こちらもCDに模範演奏とマイナスワンが入っています。

こちらの本に掲載されている楽譜はしっかりと記譜してあるのでバンドスコアのように演奏することができます。

なので、初心者としてはこちらの方が入りやすそうなので、こちらの本から練習することにしました。

ちなみにこちらの本はピアノやベース、サックス、ギターなどいろんなパートが発売されていてそれぞれのパートが集まれば合わせて演奏することもできます。

私はすでにベースとピアノのパートを持っていて、リードパートの楽譜も付いているので、これをDAWに打ち込めばカルテットの演奏として打ち込みの練習としても使えそうです。

このシリーズは演奏レベルはそれほど難しくないのにジャズの要素がギッシリと詰まっているのでとても好きな本です。おすすめです!


イージー・ジャズ・コンセプション/リズム・セクション ドラムス (CD付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加