指ドラムの始め方4 腕の動かし方

今回は腕の動かし方についてです。

シンプルな8ビートを基本にしていますが、テンポは気にせず腕の動かし方だけを意識するようにしてください。

まだ音は鳴らさなくて平気です。

左手の動かし方

まずは左手から。

譜面にするとこんな感じですが、テンポは気にせずとりあえず軽い気持ちで腕を動かしてみてください。

できるだけ肩、肘、手首の力は抜いてください。

1拍をワンセットと考えて、表拍をmf、裏拍をmpくらいを意識してみてください。

右手でプレイしてみる

続いて右手です。

右手でバスドラムとスネアを担当するのが基本になります。

こちらもテンポは気にせず、肩、肘、手首の力を抜いて柔らかくしましょう。

猫背にもならないように。

両手を同時に使ったフォーム

最後に左手と右手を同時にプレイしてみます。

これで一応シンプルな8ビートになります。

こちらもテンポは気にせず、肩、肘、手首の力を抜いてダラっするように心がけてみてください。

サンプル動画よりももう少しゆっくりで良いのでとにかくダラっと。

まとめ

基本のフォームを確認するところまで来ました。

しつこいくらいに「ダラッと動かしてください」と書いていますが、実はこのダラっとするのってすごく難しいんですよね。

とはいえ、そこにばかりこだわっていても先に進めないので、肘や手首の力を抜くことは頭の片隅に置いておいてもらって、ひとまず先に進みましょう。

次回はシンプルな8ビートのパターンをいくつか練習していきます。