指ドラムの始め方3 基本のフォーム

こんにちは、わんだー(@wondaamusic)です。

指ドラムの始め方第3回。

前回まで音が出る状態になったと思います。

今回はイスの高さや指の形など基本的なフォームについて説明していきます。

その前にお知らせを。
スタンドの高さや手首の角度など、フォームは今でも試行錯誤中です。
現状だとこんな感じと言う感じでご覧ください。

イスの高さ

イスの高さは45cm。ちなみに身長は178cmです。

ホームセンターでよく見かけるようなイスとほぼ同じ高さです。

可能であればイスはキャスターが無い方が良いと思います。

MIDIパッドの高さ

続いてMIDIパッドの高さです。

パッドの部分の高さが68.5cmです。

構えた時に肘が90度になるくらいを目安にしています。

体とパッドの距離と高さ

できるだけ体に近い位置でプレイしたほうが良いと思っているので、お腹が当たるくらいパッドを近づけています。

高さはだいたいおへそ位です。

指の形

次は指の形です。

人差し指の第一関節辺りに親指の側面よりやや内側を当てています(自然に当たる場所で良いと思います )。

パッドに人差し指が当たった時にフラフラしない程度に親指に力を入れています。親指で人差し指を支えているイメージです。

MIDIパッドに指が当たる場所

次はパッドに当たる指の場所です。

今現在だとこんな感じのフォームです。

手首の角度、腕や手首の動かし方など、いろいろと試行錯誤中です。

まとめ

次回は腕の動かし方についてです。