David”Fingers”Haynes氏の指ドラムプレイスタイルを分析してみた

4×4タイプのMIDIパッドには16個パッドが付いていて、それぞれのパッドに好きな音を配置することができます。

自由度は高いですが逆にどの音をどこに配置すればよいか迷ってしまいます。

前回の記事でFingerDrumerが指ドラムをどのようにプレイしているか調べて、自分がどのようにプレイするかだいたい決まってきました。

私の場合、David”Fingers”Haynes氏のプレイに触発されて指ドラムをやってみたくなったので、ここはやはり彼のプレイをお手本にしていきたいと思います。

そこで彼がどのように音色を設定したりどのように構えたりして指ドラムをプレイしているか分析してみました。

参考動画

David”Fingers”Haynes氏の指ドラム音色配置

カウベル ライド
スティック
ライド
カップ
スプラッシュ
スプラッシュ
クラッシュ ライド
チップ
クラッシュ
フロアタム ミドルタム ハイタム オープンハイハット
バスドラム スネア
スネア
クローズハイハット

Haynes氏の配置はこのようになっていました。

曲によってもセッティングが変わっているようです。

基本的な指の使い方

MIDIバッドでフットペダルを使用しない場合、どの音をどの指で担当するかが問題です。

Haynes氏のプレイを見ると、基本的には左右の人差し指でプレイしていて、右手がバスドラムとスネア、左手がハイハット、フィルインの場合は両手を交互に使ってプレイしています。

なぜ、右手でハイハットを担当しないのか?

リアルのドラムで一般的な8ビートを叩く場合、バスドラムは右足、スネアが左手、ハイハットが右手になります。

となると、MIDIパッドの場合でも右手でハイハットを担当するように思いますが、Haynes氏は右手の人差し指1本でバスドラムとスネアを担当していて、左手でハイハットを担当しています。

これは2つの理由が考えられます。

なぜ左右の腕をクロスさせてポジションするのか?

Haynes氏はパッドに対して右手は垂直に、左手は水平にと、両手をクロスさせて構えています。

パッドに対する腕の動きのイメージ

kakudo

当初は「なぜこのような構えをしているのか?」と疑問に思い、いろいろと試しながらその理由を考えてみました。

追記

本体自体を45度回転しているので、左右の腕とも斜めにポジションしているとも言えます。

腕を前後させるよりも肘を支点に回した方が早く無駄なく動かせる

試しに右手と左手を入れ替えてプレイしてみると、パッドの移動が右手も左手も腕全体が前後する動きになってしまいます。

元の構えに戻すと腕を支点に回すような動きでパッドを移動することができ、腕を前後させる動作よりも素早く無駄なく腕を動かすことができます。

また、左右の構える角度を変えることで、横に回旋させる動きを多用することができ、素早い動きでパッド全体をカバーすることができます。

パッドはバスドラムの右隣にスネアが配置されていることが多く、右手でこの2音を担当すると回旋する動きで対応することができますが、左手だと前後する動きになってしまいます。

これが右手がハイハットを担当しない1つ目の理由です。

プリセットは左下にバスドラムがセットされていることが多い

MIDIパッドは好きな位置に好きな音色を配置できるので「それなら右下にバスドラムを配置して左手でバスドラムとスネア、右手でハイハットを担当しては?」と考えました。

サンプリングマシーンのプリセットの多くはパッドの一番左下にバスドラムが配置されていることが多いので、それをそのまま利用しているから左下にバスドラムが配置されているのだと思います。

いちいち設定を変えるのは面倒ですから^^;。

なぜパッド本体を45度傾けているのか?

腕の角度が違うと運指がからまない

腕の角度を左右で変えるもう一つのメリットは、フィルインの時に指が絡まらないのでパッドの音色の配置に困らない点です。

両腕ともパッドに対して垂直に構えてしまうと、フィルインで「RLRL」と手を動かした時に、パッドの上か右にしか移動できません。

ところが、左右で構える角度を変えると、腕が絡まらずに、上下左右、さらには斜めにも自由に移動させることができます。

このおかげでいろいろなフィルインにも対応できるし、パッドの配置にも困らなくなります。

パッドを広く使える

後から気が付いたのですが、MIDIパッドの角度を45度回転させて、菱形上にして使うと、パットを広く使うことができます。

pad taikaku

MPD218のパッドのサイズは一辺が約3cmなので斜めにして使うと、約4.2cmの広さでパッドを使うことができます。

また、腕の角度を開いてポジションできるので、脇が窮屈にならなくて済みます。

まとめ

  1. プリセットは左下にバスドラム、その右隣にスネアが配置されていることが多い
  2. 腕は前後の動きよりも左右(斜めの回旋)の動きの方が素早く楽に動かすことができる
  3. パッドの角度を45度傾けることで腕の自然な動きのライン上にパッドがくるようにセットされている
  4. パッド本体を傾けると各パッドを広く使える

David”Fingers”Haynes氏のプレイスタイルはこれらの理由が重なって、このようなプレイスタイルが作られていったのではないかと思います。

何気なくプレイしていますがたくさんのノウハウが詰まったスタイルなんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加