アースウィンド&ファイアーのバンドスコアを打ち込みんでみた感想

アレンジの勉強のために買ったこちらのバンドスコア。


バンドスコア アースウィンド&ファイアーベスト (バンド・スコア)
(こちらは旧版です)

曲目
  1. Shining Star
  2. Sing A Song
  3. Getaway
  4. Fantasy
  5. In The Marketplace~Jupiter
  6. September
  7. Let’s Groove
  8. Boogie Wonderland
  9. After Love Has Gone

スコアに載っているほとんどの曲を打ち込んでみました。

EW&Fの打ち込みはとても大変だった

前回の記事で「どのパートも譜面的にはそれほど難しくないんですよね~。」と書きましたが訂正します。

めっちゃ難しかったです^^;。

特にGetaway、Jupiterは音符が細かくてかなり大変でした。

After Love Has Goneにいたってはシャープやフラットが五つも六つも付いたキーがコロコロと転調するし・・・。

あと、スペースの関係でピアノの左手にブラス、ギターが休みの時はその段にストリングスと言ったような記譜がされていて見づらいのがちょっと気になりました。

バンドスコアの打ち込みは楽しい

バンドスコアで打ち込みを練習するのはとても楽しいし、アレンジの勉強にもなります。

アレンジの勉強に関しては教則本よりもバンドスコアの方が良いと思いました。

なので、他にも良さそうなバンドスコアを探していくつか購入してみました。

しばらくはバンドスコアでアレンジの勉強をしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加