「DVD初歩から始める!作曲の本」レビューと感想 コード進行とメロディについての本でしたorz

以前に購入した小川 悦司さんの本がとても良かったので、引き続きアンレジの勉強のためにこちらの本「DVD初歩から始める!作曲の本」を購入しました。

実践してみて良かった本はこちら


DTMリアル打ち込みテクニック ~主要楽器から民族楽器まで完全再現~【DVD-ROM付き】

こちらも併せて購入しました


J-POP スーパーアレンジテクニック ~プロが教えるヒット曲の仕組み~

こちらは後日レビュー予定です。

付属DVDの内容

この本にはDVDが付属しています。

内容は動画での解説のみで、MIDIファイルやWAVファイルは付属していませんでした。

読んでみた感想

動画を見ながら読み進めて、読了しました。

この本は主にコード進行とメロディーを作るための「作曲」について解説されている本でした。
MIDIデータなどは無く、DVDに収録されている解説動画を見ながら読み進めていく本です。

私は出来上がったメロディーとコードに対してどのようにアレンジしていくか(ドラムやベースなどを加えて曲を仕上げていく)、もしくは各ジャンルのアレンジに対してどのようなコード進行が適しているか、などが知りたかったので、知りたかった内容とは異なってしまいました。

残念^^;。

アレンジについても少し解説がありますが基礎的なことが簡単に触れられているだけです。

こんな方にお勧め

  • 動画のほとんどがギターで解説されているので、ギターを弾いて曲を作りたい
  • 曲作りのためにコード進行を勉強したい
  • バンドで演奏するのでコードとメロディーを作りたい

こんな方にお勧めです。

DTMについては最後にちょこっと触れられているだけなので、DTMでのアレンジについて知りたい方には不向きだと思います。


DVD初歩から始める!作曲の本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加