新たにDTM用デスクを探してみた。と思ったらDIYすることに(笑)

新しい(できればカッコいい)DTM用デスクが欲しくなったので探すことにしました。

ところが、価格、質の両方に満足のいく机となるとなかなか見つかりません。

そうこうしているうちに、いつの間にかDIYで作ることに(笑)。

DTMに向いていそうなデスクを探している中で見つけた良さそうなデスクを紹介しながら、なぜ机を自作しようと思ったのか、いきさつを書いていきます。

LINNMON リンモン / ADILS オディリス テーブル – ホワイト – IKEA

まずこちらのIKEAのデスク。

こちらの価格はなんと¥ 2,999。

幅120cm 奥行き60cm 脚の長さ 70cm

おそらく天板の質は軽くて良くは無いと思いますが、値段を優先するなら良いかもしれませんね。

この机について「揺れる」と言うレビューを多く見かけました。

通販の場合、配送地域によって送料が異なるようなので調べてみてください。

送料が高そうなのでIKEAが近くにある方向きかもしれませんね。

脚や天板を組み合わせることができるので、天板をもう少し丈夫なものにすると良いかもしれません。

LINNMON リンモン / ADILS オディリス テーブル – ホワイト – IKEA

杉無垢材テーブル – 金物家具の「かなでもの」

次に気になったのは、たまたま検索で引っかかった「かなでもの」さんのデスク。

カッコいいですよね!

標準サイズ:幅140cm 奥行80cm 高さ70cm
天板:杉無垢材

(幅100~180cm)×(奥行65cm~80cm)までのサイズオーダーが可能。

自分にとっては見た目、材質的には理想的です。

価格が39,500円(税込、送料込み)なので予算がOKならかなり良いのではないでしょうか?
この大きさで無垢材が使われていることを考えればこの価格はかなりお買い得だと思います。

それにしても映えがハンパない・・・

杉無垢材テーブル – 金物家具の「かなでもの」

DIYで自作することに

「かなでもの」さんのデスクが気に入ったものの、予算的にもう少し抑えたいです。

でも、幅120cm奥行き70cmくらいの大きなデスクになると、良い材質なら4~5万円はします。

反対に大きなサイズで1万円から2万円の価格帯の机になると、繊維材と言うカラーボックスのような材質のデスクが多いようです。

以前に買った安いパソコンデスクがこのような材質で痛い目を見たので、この材質のデスクは避けたいです。

そう思っていろいろと探してみましたが、安くて質の良いデスクはなかなか見つけられませんでした。

「こうなったらDIYで作るしか無い!」と思い、近所の木材屋さんも2軒ほど訪ねてみました。

しかし、以前にキーボードスタンドをDIYで作って、ガタついて失敗した経験があるのでDIYでデスクを作るのは厳しいかな~と思っていました。

脚だけは金属製の既製品を購入すれば何とかなるかもしれないと思い探してみましたが、だいたい2~3万円ほどの価格帯だったので、それなら初めから完成した机を買った方がよくなってしまいます。

DIYって意外と高くつくんですよね~。

そんな時に、こちらの動画を見つけました。

SPF材(ホワイトウッド)と金属脚を使ってデスクをDIYされています。

↑こちらの動画(全3本)で完成したデスクがこちらです。

カッコいいですよね!!先ほどの「かなでもの」さんのデスクと似ていて良い感じです。

こちらの動画で使われているデスクの脚はこちら。

金属脚の価格帯は2~3万円と思っていたので、こちらの価格はお手頃ですよね!

見た目、価格、サイズもバッチリ。

DIYには「動画映え」的な要素もありそうなので、思い切って机を自作してみることにしました(笑)。

DIYでデスクを自作する上での心配な点

DTMは長時間机に座って作業するので机やイスはとても重要です。

なので、せっかくDIYで作った机がグラグラしないか非常に心配です。

SPF材はDIYではよく使われていて、加工しやすく安価なのが特徴の木材です。

その反面、反ったりねじれたりしやすいので、天板に段差ができて、MIDIキーボードを載せた時にガタつかないかも心配ですね。

そんな心配もありつつも、勢いあまって金属脚や木材を買いそろえてしまったので、もう後には戻れません(笑)。

とりあえず机を作ってみたいと思います。

サンワダイレクト ワークデスク

DIYでデスクを作ろうと材料を注文した後で、こんなデスクも見つけました。

サンワダイレクトのワークデスクです。

幅120cm 奥行き70cm 高さ70cm。

ちょうど私が探している大きさです。

価格は¥10,800(税込)。しかも送料込み!

それとサイズのバリエーションも豊富で、幅140cmが¥11,800、幅160cmが¥12,800(他のサイズもあります)とどれもお安いですよね。

作りも頑丈そうです。

ワークデスク(平机・W1200×D700mm・ホワイト・シンプル)100-DESK078Wの販売商品 |通販ならサンワダイレクト

こちらのデスクは奥行き70cmですが、奥行き60cmで良ければさらに安いデスクもあります。

奥行き70cmのデスクはホワイトしかありませんが、奥行き60cmのデスクはホワイト、ブラウン、ライトブラウンがあります。

まとめ

と言う訳で、とりあえずDTM用デスクのDIYをひとまず頑張ります。

DIYに失敗したらサンワダイレクトか「かなでもの」さんのデスクにしようかな(笑)。

机を作っていく様子はYouTubeへ投稿しますのでぜひご覧ください。

追記 DTM用デスクを自作した動画

DIYでのDTM用デスク作りが無事に完了しました!

制作工程をまとめた動画をYouTubeに投稿したのでぜひご覧ください。