サステインペダル「Roland ダンパーペダル DP-10 」を購入。使用してみた感想

dp10 01

サステイン用ペダルに「Roland ダンパーペダル DP-10」を購入しました。

特にレビューするつもりではなかったのですが、使ってみたら意外と良かったのでレビューさせていただきます。

DAWのStudio Oneでも問題なく使えました

現在使用しているMidiキーボード「Roland MIDI Keyboard Controller ホワイト A-49-WH」。

dp10 02

本体後ろの「HOLD」にペダルのコードを接続。

それからStudio Oneを起動させたら、特に何の設定もせず、サステインがかかりました。

サステインペダルを使ったデモ

「DTMにはサステインペダルが無くても何とかなるかな?」と思っていましたが、使ってみるととても快適。

試しにヴィブラフォンで簡単なフレーズを弾いてみました。

サステイン無し
サステイン有り

うん、良い感じです^^。

感想

開封してとりあえず足で踏んでみると「お!」っと驚くほど気持ちのいい踏み心地。

もっとちゃっちいのを想像していたので感動しました。

また、ペダルについているスイッチを「Continuous」にすると、サステインのかかり具合を調整できる「ハーフペダル」もできるようになり、かなり細かくサステインのかかり具合を録音することができます。


Roland ダンパーペダル DP-10
参考価格:¥4,860
価格:¥3,765 通常配送無料 詳細
OFF:¥1,095 (23%)

Studio Oneでのサステインの編集方法についてはこちらの記事をごらんください。

Studio Oneでのサステインペダルの使い方」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加