「DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術 (CD-ROM付) 」 レビュー

daw-track-making-01

先日、ようやくオリジナル曲を初投稿をすることができ、早速2作目の曲作りに入ります。

2作目は4つ打ちの曲を作りたいな~と思いこちらの本

DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術 (CD-ROM付)

を購入してみました。

本の感想を先に書いておくと、残念ながら今の私には合いませんでした。

ボカロで人気のジャンルは??

ボカロ曲と言えば、本当にいろいろなジャンルの曲があります。

  • アニソン
  • ロック
  • EDM(エレクトリックダンスミュージック)
  • ポップス

などなど。

ですが、これらの中でも、「EDM」と言われる4つ打ちの曲が目立つように思っていました。

音楽をパソコンだけで作り上げるということで、ボーカロイドと相性が良いのでしょうね。

また、KOMPLETEと言うマルチ音源を購入したこともあり、KOMPLETEに入っている膨大なシンセの音色も使わないともったいないな~と思っていました。

なので、次の曲は4つ打ちの曲に挑戦することにしてみました^^。

購入した本はこちら

DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術 (CD-ROM付)

4つ打ち系の曲は大好きでよく聴いていたのですが、いざ自分で作るとなるとどこから手を付けていけば分かりません。

そこでこちらの「DAWトラック・メイキング クラブ・ミュージック的作曲術 (CD-ROM付) 」を購入してみました。

daw-track-making-02

この本にはCDが付属しています。

2012/9/25の発売ながら絶版になっているようで、中古で購入しました。

では、学習スタートです!

一通り読んでみた感想

う~ん。知りたい内容とは違いました。

この本の内容を簡単に説明すると、「ループパターンをどのようにノリ良く仕上げるか」のみに特化されていて、各ジャンルのパターンが基本的に4小節しか出てきません。

そのパターンに対して「どのようにコンプレッサーやEQをかけるか、何拍目をほんの少しずらすとノリが出る」と言った、細かい内容がひたすら続きます。

私としては曲全体のアレンジや音色の使い方、トラックを作っていく手順を知りたかったので、「いや~、知りたいのはそのことではないんだけど、、、」と言う感じでした。

こんな人にお勧め?

ハウス、テクノ、R&Bなどクラブミュージックの曲をすでに何曲も作っていて、「どうしても思うようなノリが出ない。ワンランク上のトラックを作りたい」と言った方におすすめの本ではないかと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加