DAWの作業風景をマイク音声付きでキャプチャーする方法3/3 仮想ステレオミキサー導入方法編 そして解決へ・・・

前回までで、DAWの作業音とマイクの音声を同時に収録するには「Voice Meeter」という仮想ステレオミキサーが良さそうなことがわかり、試してみたら上手くいきました。

今回はその「Voice Meeter」を導入し、デスクトップキャプチャーで、

  • DAWの作業音
  • マイクの音声
  • キャプチャー動画

を同時に収録する方法をご紹介します。

大まかな流れだけをご紹介しますので、細かい点については自力で頑張ってください(笑)。

Voice Meeterのダウンロード

まずはVoice Meeterをダウンロードします。
Voice Meeterは任意で寄付する形式のフリーソフトです。

ダウンロード先はこちら
VB-Audio VoiceMeeter

ちなみに「banana」というのは、より多くの入力トラックがあるバージョンのようです。
今回の場合は、Voice Meeter(無印)で十分なので、無印を利用しました。

インストールが上手くいけばこのようなソフトを起ち上げられると思います。

コントロールパネルの設定

次にWindowsのコントロールパネルより、サウンドデバイスの設定を行います。


「再生」「録音」のデバイスをVoice Meeterを有効に変更します。

DAWのオーディオデバイスを設定する

次に、DAWソフトのオーディオデバイス設定をVoice Meeterに設定します。

Voice Meeterを設定する

次にVoice Meeterの設定をします。

設定には公式ページのイメージが参考になります。


(画像は公式ページより引用 VB-Audio VoiceMeeter

OUTの「A」が物理的なアウト(ヘッドフォンやスピーカー)、「B」がバーチャルアウト(デスクトップキャプチャーソフトなどのソフトへ出力)というところがポイントですね。

1.A1をクリック
2.ASIO:オーディオインターフェイス名(もしくは音を聞きたいヘッドフォンのアウト先)を選択
3.マイクのステレオ/モノラルはここで選択できます

(補足:マイクの音声が右左のどちらか一方からしか聞こえない場合は、マイクがモノラルなので、ミキサーの設定をモノラルにすれば両耳から聞こえるようになります。)

マイクで声を出したり、DAWで音を出したりして、音声がミキサーに入力されているか確認します。
入力されていればメーターが振れます。

デスクトップキャプチャーソフトの設定

最後にデスクトップキャプチャーソフトのオーディオ設定を行います。
もう少しです、頑張りましょう!

今回はフリーソフトのAGデスクトップレコーダーを使用します。

オーディオ設定からVoiceMeeter Outputを選択します。

実際にキャプチャーしてみる

ようやく設定が完了したので実際にキャプチャーを行ってみましょう。

上手くいけば、

  • DAWの音
  • マイクの音声
  • YouTubeなどのブラウザの音

などをキャプチャー動画に収録できているはずです。


サイバーリンク PowerDirector 15 Ultra 通常版

PowerDirector付属のキャプチャーソフトでも上手くいきました。

元に戻す

キャプチャーソフトを使用しない場合は、WindowsとDAWの設定を元に戻しておいたほうが良いと思います。

まとめ

お疲れさまでした。
キャプチャーは上手くいきましたか?

DAWの音を録音するのがこんなに大変だとは思いもしませんでした。

この方法や設定が正しいかどうかはわかりませんので、行う場合はあくまで自己責任でお願いします。

「私のやり方を紹介しました」という形で参考にしていただければ幸いです。

いや~お疲れさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加