DAWの作業風景をマイク音声付きでキャプチャーする方法1/3 悪戦苦闘編

DTMをしている作業風景をデスクトップキャプチャーソフトで撮影しようとしてみましたが、これが思いのほか難題でした。

いろいろと試してみた結果、何とか上手くいきましたので、その方法を3記事に分けてご紹介します。

AG-デスクトップレコーダーで試してみても上手くいかない

次に、これまで使用していたフリーのキャプチャーソフト「AG-デスクトップレコーダー」を試してみました。

ag

AG-デスクトップレコーダー ダウンロードページ

試してみたところ、DAWの音は全く録音できません。

この時点で、どうやらオーディオインターフェイスにループバック機能があると良いような事がわかりました。

しかし、残念なことに私が使っているインターフェイスにはループバック機能がありません。

現在使用しているオーディオI/O


PreSonus プリソーナス オーディオ・インターフェイス 2イン2アウト AudioBox iTwo [DAWソフトStudio One 3 Artist付属]

それと、DAWではASIO(Audio Stream Input Output)という高機能な規格が使われており、一般のキャプチャーソフトはこの規格に対応していないらしいことがわかってきました。

ASIOについてはこちらの記事が参考になります。
DTMで必ず登場するASIOドライバって何? : 藤本健の“DTMステーション”

どうやら「仮想ステレオミキサー」というものが必要らしい

では、DTM解説動画で有名なsleepfleaksさんはどうやって収録しているのでしょうか?
疑問に思い、調べてみるとこちらの動画を見つけました。

sleepfleaksさんがいつもこの方法で収録しているかはわかりませんが、Macには「Soundflower」という、仮想ステレオミキサーというソフトがあることがわかりました。

この「Soundflower」はMacでしか使えません。

音声キャプチャーソフトを使用しても上手くいかなかった

次に、音声と動画を別に収録して、編集で同期させる方法を考えました。

「Audacity」「SoundEngine Free」の音声キャプチャーソフトを試してみましたが、やはり上手くいきませんでした。

ここまででわかったこと

DAWの音をキャプチャーするには、

ループバック機能があるオーディオインターフェイスが必要、もしくは、ASIOに対応している仮想ステレオミキサー(もしくは本物のミキサー?)が必要らしい

ということがわかってきました。

使用しているオーディオインターフェイスにはループバック機能はないので、仮想ステレオミキサーを探してみることにしました。

そして、その仮想ステレオミキサーはASIOに対応している必要があります。

この条件に合うソフトを探していくと、良さそうな仮想ステレオミキサーを見つけることができました。

次回に続きます。

コメント

  1. […] →  DAWの作業風景をマイク音声付きでキャプチャーする方法1/3 悪戦苦闘編 […]