無料とは思えない動画編集ソフト「DaVinci Resolve」を試してみた。素晴らしい!けど難点もあり。

今回試してみる動画編集ソフトはBlackmagic Designが無償提供している「DaVinci Resolve」です。

このソフトはたまたま見つけたのですが、一目見ただけで「これだ!」と思えました。

しかも無料で使用できます。

Blackmagic Designとは

「DaVinci Resolve」は「Blackmagic Design」が提供しています。

「Blackmagic Design」はカメラを作っている会社で、こちらのシネマカメラを作っています。


Blackmagic Design シネマカメラ Blackmagic Pocket Cinema Camera マイクロフォーサーズマウント フルHD対応 3.5インチ 001938

ジェットダイスケさんがBlackmagic Designのカメラをレビューされています。

この動画は何回も見てるんですが、動画内で「DaVinci Resolve」が紹介されていますね。
気が付かなかった(^^;)。

YouTubeにウェブ講座もある

DaVinci Resolveの使い方が細かく丁寧に解説されたウェブ講座も用意されています。
しかも日本語です。

細かく解説されているのでガイドブックを買う必要がなさそうです。
DaVinci Resolveの日本語のガイドブックはまだ無いようですけどね。

DaVinci Resolve ウェブ講座の再生リストページはこちら

DaVinci Resolve ウェブ講座 – YouTube

日本語マニュアルはこちら

DaVinci_Resolve_12_Reference_Manual.pdf

DaVinci Resolveをダウンロード/インストールしてみました


↑起動した画面

問題なくダウンロードとインストールが完了しました。

ショートカットキーだけでカット編集ができた!


↑DaVinci Resolveで編集した動画です

実際にDaVinci Resolveで編集を行ってみました。

DaVinci Resolveはショートカットキーが充実していて、一切マウスを使うことなくカット編集ができました

これは本当にうれしい。

一般的な方法ではないかもしれませんが、これらのショートカットキーだけでカット編集ができます。

Space 再生/停止
I イン点 挿入
O アウト点 挿入
Delete 間隔を詰めてクリップを削除
← / → 一コマ 戻る/進む
Shift+← / Shift+→ 一秒 戻る/進む
↑ / ↓ クリップを 戻る/進む
M マーカー挿入
Shift+↑ / Shift+↓ マーカーを 戻る/進む

Deleteを押してクリップ(動画や音声)を消すと後ろにあるクリップが自動的に詰まってくれます。

ただ、テキストを入れたい場合などは、逆にクリップを詰めたくない場合もあります。
そんなことを思いながら、試しにBack spaceキーを押してみると上手くいきました。

正に直感的に使えるソフトです。

DaVinci ResolveにはGPUが必要みたい

DaVinci Resolveは素晴らしいソフトなのですが、操作していて気になったことがあります。

それは操作した時の反応が鈍かったり、再生プレビューがもたつく時があることです。

Full HD 60fpsの動画を普通に編集してい分にはそれほど気になりませんが、そこにテロップ(字幕)を入れただけでプレビュー画面の動きがカクカクになってしまいます。

Full HD 60fpsの動画を2つ重ねるような重い編集ではないので、なぜカクカクするのか疑問に思いました。

なぜカクカクしてしまうのか?

調べてみるとDaVinci Resolveは動画の処理を主にGPUを使って行うソフトのようなのです。

今使っているパソコンにはGPUは入っておらず「インテル HD Graphics 530(CPU内蔵グラフィックス)」という簡易的なグラフィックカードが入っているだけです。

DaVinci Resolveはそれを使ってかろうじて動いているような状態です。

なので、DaVinci Resolveを快適に使用するにはGPUの増設をしたほうが良さそうです。

このことは「DTMにおけるオーディオインターフェイスと似ているな~」と思いました。

他に気が付いたことをまとめました

  • MP4では書き出しできない?QuickTime ムービー (.mov)形式で書き出してYouTubeへは投稿できました
  • 試してないけど4K60fpsでも書き出せるようです(「無料版では6K書き出しはできません」ってどんだけ~)
  • 元は動画の色を調整するのがメインのソフトのようです
  • ナレーションを追加録音する機能は無いみたい

まとめ

「DaVinci Resolve」。とっても気に入りました!!

やはりショートカットだけでカット編集ができるところが最高です(無料ですし)。

と言うわけで、今後しばらくは「DaVinci Resolve」を使っていきます。

GPUは沢山あって選ぶのが難しいのでゆっくり検討していこうと思います。

DaVinci Resolveの公式ページはこちら

Blackmagic Design: DaVinci Resolve 12

※DaVinci Resolveは素晴らしいソフトですが、動かすには高いパソコンスペックが必要になってきますのでご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加