自分が演奏してカバーした曲に著作権侵害の申し立てされたので異議を申し立ててみた その1

こんにちは、わんだー(@wondaamusic)です。

先日、オリジナル音源を使わずに自分で演奏してカバーした動画をYouTubeに投稿しました。
すると、著作権侵害の申し立てを受けました。

しかし、その申し立てをしてきた権利者がどうも本当の著作権者なのかよくわからないのです。

なので、異議を申し立ててみることにしました。

今回は経緯を書き、実際に異議を申し立てた様子は次回に書きます。

著作権侵害の申し立てを受けた

先日、荒井由実さんの「やさしさに包まれたら」を全て自分で演奏した動画を投稿しました。
その動画はこちら。

「やさしさに包まれたなら」をソロバンドでカバーしてみた(Vo初音ミク)

すると、

↑著作権侵害の異議申し立てされてしまいました。

オリジナル音源を使わずに自分で演奏した動画は著作権の侵害に当たらない?

以前、こちらの記事を書いた際に、演奏してみた動画の著作権について調べました。
演奏してみた動画の著作権について調べてみた

内容を要約すると、

  • Jasracに演奏が許可されている楽曲で、オリジナル音源を使わずに自分で演奏した動画は著作権侵害に当たらない(使用が許可されている)
  • オリジナル音源を使用する場合、JasracとYouTubeでは包括契約していて(YouTubeがJasracに対して楽曲の使用料を支払っている)、かつ、広告収入を得る権利は著作権所持者が決定権を持っている

と言う認識でした。

ザックリいうと、

  • 自分で演奏した動画は問題なし
  • オリジナル音源を使った動画の広告収益は著作権所持者へ支払われる

と言う認識でした。

自分で演奏してカバーした動画でも、広告収益が発生した場合は全額、著作権保有者に支払われるのでしょうか?

もし仮にそうだとしても、それが本当に著作権を所持している権利者に支払われるなら納得できます。

ただし、今回の問題はそこではなく、異議申立人が本当の権利者団体からなのか確認できないことです。

著作権の申立人は本物?

申立人は、

  • SUISA_SESAC_CS
  • SOCAN

と言う、二つの団体です。

SUISA_SESAC_CS は検索してもどんな団体かわかりませんでした。

SOCANは「カナダ作曲家作家音楽出版者協会」とのことです。

なぜ、日本の楽曲にカナダの団体から著作権侵害の申し立てが来るのかよくわからない。

先ほどの画像を見るとやさしさに包まれたならの英語バージョン「ENVELOPPEE DE TENDRESSE」が使われているという申し立てですが、その音源は使っていません。

もしくは、その音源の著作権をSOCANが持っていて、カナダではオリジナル音源を使わない自分での演奏でも著作権侵害に当たるということなのか・・・。

ん~~~、この辺がハッキリしない・・・。


Jasracの楽曲検索より。

↑のように今回の曲の著作権者は荒井由実さんとアルファミュージックです。

やたらと著作権侵害を申し立てる手法が横行している?

そこでネットで調べてみると同じような事例が多数見つかりました。

なかでも「ボカロ利用者は著作権についての知識が乏しいのでターゲットになっている」と言うような意見も見かけました。

言われてみれば今回投稿した動画にボカロを使っています。

YouTubeの場合、著作権の侵害を申し立てれば、申し立てられた側が異議を申し立てない限り、広告収入を得ることができます。

著作権侵害を申し立てられた側が異議を申し立てて、それが不当だと3回判断された場合、チャンネルが停止されてしまいます。

異議を申し立てるのに自分のチャンネルが停止されるリスクを負わないといけないのですから、ビビッて泣き寝入りしてしまいたくなります。

なので、言ってみればやたらめったらに著作権侵害を申し立てたしたもん勝ちと言える状況です。

もし悪用しているとしたら横取りですね。

ん~~~~、いかがなものか・・・。

自分で演奏したカバー曲で広告収入を得ても問題ない?

自分で演奏した動画が非営利目的の場合は問題なく利用できます。

↓こちらのフローチャートが分かりやすいです。
動画投稿(共有)サイトでの音楽利用 JASRAC

ただし、仮にYouTubeで広告収入が発生した場合は、どうでしょうか?

調べた限りでは、

  • 投稿者と権利者が広告収入を分配できる場合はOK
  • 正当な権利者から著作権の侵害による広告料の分配をしていない場合はグレー(個人レベルで)

のようです。

私の場合、まだまだ広告収入は発生していないので、あくまで非営利な利用の範疇です。

とは言え、今後、もし自分のチャンネルが成長して演奏した動画で報酬が発生するなら、正しい手続きの元で報酬を得たい気持ちもあります。

なので、今後、広告収入が発生する段階まで行けたら今一度詳しく調べたいと思います。

まとめ

と言う訳で、今著作権侵害の申し立てへの異議を申し立てが完了しました。

異議申し立ての方法と結果は次回の記事で書きたいと思います。