「武器としての書く技術」を読んでみた感想。ウェブ時代の文章は「ストリートライブ」

buki

SynthSonicさんの記事「まだプラグインセールで消耗してるの?」で、こちらの本が「ブロガー必読」と紹介されていたので購入してみました。

読了しましたので、感想を書きます。

一般的なウェブライティング本と違って

これまでいわゆる「ウェブライティング」の本は何冊か読んだことがあり、これまで読んだ本はどれも、

  • 起承転結を意識する
  • SEO対策を意識する
  • 800~1000文字が適当

と言ったような、教科書的なノウハウがほとんどでした。

ところが、こちらの本は、

  • 読者にとってどういう記事が価値のある記事なのか?
  • どういう文章が読みやすいのか?
  • どういう文章が残念な文章なのか?

と、ネット上に文章を書くのに必要な根本的なことが書かれていました。

ウェブ時代の文章は「ストリートライブ」

冒頭に、

ウェブ時代の文章は「ストリートライブ」

武器としての書く技術より引用

とあります。

これには「確かに~」と思わず納得しました。

検索エンジンからたまたま訪れた訪問者さんに「お?このブログは面白そうだな」と足を止めてもらはないといけないのですからね。

そのためには、正しい文法よりも、濃い内容、読みやすい文章、自分なりの意見などが大切なことがよくわかりました。

まとめ

と言うわけで、この本を読んで耳の痛い箇所が沢山ありました。

今後はこの本を参考にもっと読みやすいブログを心がけていきますのでどうぞよろしくです^^;。


武器としての書く技術 (中経出版)

著者イケダハヤトさんのブログはこちら
まだ東京で消耗してるの?http://www.ikedahayato.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加