ブルーライトカットフィルムを購入してみた。貼りつけるのが難しい・・・(追記あり)

DTMをしていると目が疲れるので、こちらのブルーライトカットをしてくるれフィルムを購入してみました。

ブルーライトとは

ブルーライトとはパソコンの液晶モニターやスマートフォンの画面の光に含まれる紫外線に近い方の波長の短い光のようです。

そして、このブルーライトを含む光を長時間見続けることは、目の疲れだけでなく睡眠不足などの悪影響もあるようです。

詳しくはブルーライトとは | ブルーライト研究会をご覧ください。

DTMはパソコン画面を長時間見続けることが多く、前々から目の疲れが気になっていたので、ブルーライトをカットしてくれるフィルムを購入してみました。

ブルーライトカットフィルムを貼ってみたけれど・・・

↑こちらが袋から出した状態。
青く見えるの保護用フィルムを剥がしていないからです。

こちらが今回購入したフィルムです。↓


エレコム 液晶保護フィルム ブルーライトカット 23インチ 反射防止 EF-FL23WBL

Amazonの方で沢山の方がレビューしているように、この商品は貼るのがとても難しいです!!!

何度か失敗して何とか貼りましたが、気泡が少し残ってしまいました。

気泡を追い出しているうちにフィルムに少し傷がついてしまうし・・・。

眼の疲れは軽減されたのか?

それで、肝心の眼の疲れの方ですけれど、フィルムを貼ってまだ数日しかたっていませんので、それほど効果があるかはわかっていません。

目にジ~ンと来ていた疲れは軽減された気がします。

貼る前と比べて反射するようになったし気泡も気になるので、反って見づらくなったかもしれませんw。

それでもブルーライトの悪影響のことを考えると貼っておいた方が良いのかな~と言う感じです。

元々ブルーライト軽減のモニターもある

ブルーライトカットフィルムは数千円するし、自分でフィルムを貼ると画面が見づらくなってしまうので、「元からブルーライトをカットする加工がしてあるモニターがあれば良いのに!」と思って探してみたらありました。


Acer モニター ディスプレイ KA240Hbmidx 24インチ/HDMI端子対応/スピーカー内蔵/ブルーライト軽減

値段も通常のモニターと変わらないので、これからモニターディスプレイを買うなら元からブルーライトカットの加工がされているものが良いですね。

追記 しばらく使ってみた感想

一週間ほど使用してみました。

しばらくすると気泡はほとんど消えました。
うっすらついてしまった傷もなぜか消えました。

眼の疲れは軽減されたかはよくわかりません。
「少し楽になった気がするような~」と言った感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加