BFD3の機能を使ってサステインペダルをハイハットのペダルにする

こんにちは、わんだーです。
前回の記事で指ドラムでジャズドラムを始めました。

ジャズドラムの場合、普通のジャンルと比べるとハイハットシンバルを多用しますよね。

実際にこちらの本で指ドラムを練習してみると、どうしてもペダルが欲しくなってきます。


イージー・ジャズ・コンセプション/リズム・セクション ドラムス (CD付)

ところが、困ったことに今使っているMIDIパッド「MPD218」にはペダルを接続する端子が付いていません。(ハイハットとバスドラムをつなげられたら最高なのにな~w)


Akai Professional USB MIDIコントローラー 16パッド 音源ソフト付属 MPD218

そこで、調べてみるとドラム音源「BFD3」の機能を使ってMIDIキーボードに繋いでいるサステインペダルを使ってハイハットペダルをコントロールする方法を見つけましたのでご紹介します。

BFD3での設定について

その方法ですが、こちらのお二人の記事に詳しく書かれていますのでそちらをご覧ください^^;。

misoblogさん
MIDIキーボードにサスティンペダルM-AUDIO SP-2を導入してみた

どん底からの週末音楽生活さん
【DTM】BFD 3 でハイハットのVariable 機能を使う

この方法を使えばハイハットの開き具合をコントロールできるうえに、「Auto pedal event」にチェックを入れればサステインペダルを踏むだけでハイハットのペダルを鳴らすことができます。

普通のサステインペダルでは踏みにくいので


Roland ダンパーペダル DP-10

今はこちらのサステインペダルを使っています。
このペダルはサステインペダルとしては問題ないのですが、BFD3の機能を使ってハイハットのペダルとして使うにはちょっと重いです。

なので、こちらのペダルを購入してみました。

M-Audio ペダルスイッチ 電子ピアノ・キーボード対応 SP-1

ただ、こちらのペダルはハーフペダルに対応していないようで、もしかするとONかOFFしか反応しないかもしれません。

そうなるとハイハットシンバルの開き具合を徐々に調整することができないかも。

その辺りについてはこの商品が到着したらYoutubeの動画でレビューしようと思います。

と言うわけでしばらくお待ちください。

追記

SP-1が到着しましたのでYoutubeへ投稿しました。
サステインペダルを使ってBFD3のハイハットを鳴らす方法も紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加