アレンジの教則本をまとめて購入してみた

ジャズ系アレンジの教則本をまとめて購入してみました。

選んでいる内にあれもこれもと欲しくなってきて、勢いで5冊も購入してしまいました(笑)。

とりあえずご紹介だけしておきます。

本の厚さ

それぞれの本の厚さはこんな感じです。
思ったより分厚くなくてホッとしてます(笑)。

それと狙ったわけではないのに見事に同じ出版社ですね。

定番アレンジ教則本

サウンズ&スコアーズ ヘンリー・マンシーニ CD付


サウンズ&スコアーズ ヘンリー・マンシーニ CD付

ドン・セベスキー コンテポラリー・アレンジャー 【CD付】


ドン・セベスキー コンテポラリー・アレンジャー 【CD付】

こちらの2冊はアレンジの教則本の定番のようなので、まずはこちらの2冊を選びました。

サミー・ネスティコの教則本も欲しかったのですが残念ながら絶版のようです。

ビッグバンドアレンジ教則本

スモール&ミディアム・アンサンブルのための モダン・ジャズ・ヴォイシング


スモール&ミディアム・アンサンブルのための モダン・ジャズ・ヴォイシング

せっかくなのでジャズアレンジのボイシングの基礎も勉強しておいた方が良いと思ったので、こちらも購入。

ビッグバンド・ライティングを学ぶ バークリー/ラージ・ジャズ・アンサンブルのアレンジ 模範演奏CD付


ビッグバンド・ライティングを学ぶ バークリー/ラージ・ジャズ・アンサンブルのアレンジ 模範演奏CD付

どうせやるならビッグバンドアレンジも学習したいと思っていたのでこちらも購入してみました。

ジャズピアノヴォイシング ワークブック

ジャズ・ピアニストのための コード・ヴォイシング・ワークブック


ジャズ・ピアニストのための コード・ヴォイシング・ワークブック

ジャズピアノのヴォイシングの練習もしたかったのでこちらも購入。

アレンジにも役立つし、そのままピアノの伴奏にも役立ちそうです。

エレピの音色をジャズのヴォイシングで弾くとそれだけでカッコいいですからね~(笑)。

まとめ

以上、5冊を購入してみました。

とても一度にこなせる量ではありませんが、どれも間違いなさそうな教則本ばかりなので、持っておいて損はないと思って購入しました。

感想など、おいおいレビューできたらと思います。
めっちゃ時間がかかりそうですけどね(笑)。

参考記事

選書にあたってこちらの記事を参考にさせて頂きました。

【教則本】作曲・編曲・DTMに役立つ、おすすめの本11冊

定番アレンジ教本 ドン・セベスキー「コンテンポラリー・アレンジャー」を買ってみた!

ヘンリー・マンシーニが書いたオーケストレーション教本『サウンズ&スコアーズ』を読んでおいて損はなし!

ジャズスタイルのオシャレなポップスアレンジが学べる中・上級者向け教本「コンテンポラリー・アレンジャー」