「ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる!」レビュー

指ドラムの練習用に、

  • ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる!
  • まったくはじめての ジャズ・ドラム入門

の2冊を購入しました。

最近ハマりまくっている指ドラムですが、なんでこんなにハマりまくっているか理由があります。それについてはまたの機会に書きたいと思います。

とりあえず今回は購入したこちらの2冊の内の「ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる!」についてレビューしたいと思います。

ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる! (CD付)

こちらの本の著者の染川 良成さんの本はこの本を持っていました。


ドラムを合理的に征するルーディメンツ活用法30 難敵フレーズを打破!ドラム・セットでの演奏力が劇的に向上する! (CD付)

この本は内容が濃くて素晴らしい本なのですが、フィンガードラムをやっている私にはちょっと難しすぎました。

そこでこの本よりも若干難易度が低そうなこちらの本「ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる!」を購入しました。

こちらの本はCD付きでそれぞれの課題のデモ演奏が入っています。

8小節のエチュード形式なのが良い!

この本は見開き2ページに一つの課題があって、2小節から4小節の基本パターンが一つと、およそ8小節のエチュード的な曲が1曲という構成になっています。

8小節のエチュードは、基本パターン3小節、フィルイン1小節、基本パターン3小節、フィルイン1小節、のように実際の曲でよくあるパターンになっています。

これが非常にいいですよね。

フィルインだけを集めてある教則本だと、「いったい、このフィルインをどんなジャンルの曲で使えばいいの?」と悩むことがあります。

この本ではその点の心配がいりません。普通の曲をプレイするように練習できるので、基本パターンからフィルインと流れで練習することで自然に身につけることができます。

沢山のジャンルがあるので引き出しを増やすのに良い

課題は全部で51もあって、8ビート、16ビット、ヒップホップ、ジャングルビート、ジャズ、ファンクなどなど、沢山のパターンが載っています。

せっかく指ドラムやドラムを始めても、8ビートだけでは面白くないですからね(笑)。いろんなジャンルをちょこっとずつ練習できるのが良いです。

耳コピをするにしても基本的なパターンをたくさん知っていて、かつ、ある程度演奏できるようにしておけば、曲を聞いた時に「あ~、これはあのパターンか」とおよその検討を付けられます。

あと、ドラマーの方はこの本のエチュードを何曲か暗記しておいて、ライブハウスでのサウンドチェックの時に叩けば、PAさんに「お、こいつはできるドラマーだな」と思ってもらえるのではないかと思いました(笑)。
エチュードがかっこよくコンパクトにまとまっているので。

まとめ

一つの課題を集中してやるも良し、飽きたら次に進むもよし。
難易度も優しいものから難しいのまでいろいろあり、飽きずに練習できそうです。

練習にはとても良い本です。


ドラム個人練習のタネ 1時間コレだけ叩けば上手くなる! (CD付) (リズム&ドラム・マガジン)